こんにちは☆久し振りにリーダーズブログを書かせて頂く美菜です(^^)

もう昨年のこととなりましたが、09/12/12のキャンパスクイーンコレクションに来て頂いた皆さん、ご協力頂いたたくさんの企業様、学生の方々、そして仁士さん、尚子、スタッフのみんな、本当にありがとうございました!!

CQCで引退させて頂いた時に、Zeppのステージ上からみた“たくさんの笑顔”は今でも忘れられません!!
本当にありがとうございました!!

では、ここから本題へ入らせて頂きます☆
今回は「経験」をテーマに書こうと思います。

いきなりですが、皆さんは、今までの人生でどんなことを経験してきましたか?
"今まで"だと少し長いので、現在大学生の方は大学生になってから、社会人の方は社会人になってから、何を経験しましたか?
そしてそこから何を学びましたか?

私は、大学生になってアルバイトをすることで、お金の大切さや毎日私たちのために働いてくれている両親の凄さ、偉大さに気付かされ、今の自分が在るのは“両親のおかげ”だと心から思うことができるようになりました。

またエムズシーに入り、たくさんの仲間と営業やイベントを通し、楽しさや感動、そして時には辛さ、悔しさを経験することで、自分の弱さ、友人の強さ、仲間の大切さ、関わってくれている全ての方々への感謝の気持ちなど本当に多くのことに気付き、学ぶことができました。

そして、引退をさせてもらった今、
「仲間と一緒に過ごした日々の大切さ」を何よりも実感させられています。

それから、私は人生で一度、ものすごく辛い時期を経験しました。

でも、その辛さを経験したことで、自分には支えてくれている人がたくさんいるという幸せに気付くことができました。
そして、それと同時に、自分の周りの人たちが同じように辛いとき、その気持ちを心から分かってあげられていなかった自分にも気付かされました。

このように、みなさんもそれぞれの「経験」から様々なことを学ばれているのではないでしょうか。

一つの経験を通して何を感じるかは、人それぞれだと思います。
でも、私は、人間は経験しないとわからない、気付かないことが絶対にあると思います。
もし、今あなたが何かにチャレンジしようとしているのなら、私は、迷わずにチャレンジして欲しいです。
チャレンジしたことで感じる辛さや苦しさ、嬉しさや喜びからは必ず得るものがあり、あなた自身の心の成長へとつながると思います。

最後に、私が悩んだときや何かにチャレンジしようとするときに勇気をもらう恩師からの言葉を紹介します。

「やってしまったことよりも、
 やらなかったことの方が後悔が大きい」


これも、きっと先生の「経験」から生まれた言葉だと思います。
これからたくさんのことを経験して、経験によって生まれた自分なりの言葉や文章で、みんなに大切なことを伝えていけたら素敵ですよね☆

私も、まずはこれからの就職活動で、自分が学生生活で経験してきたこと、またそこから何を学んだかを自分の言葉で、自信を持って伝えられるように頑張ります!

長文読んでいただきありがとうございます(^^)!


↓↓皆さんの一票が本当に励みになります!

↓↓一日一回愛を下さい(笑)!




『エムズスタッフの活動ブログ』
もぜひどうぞ!!

こんにちは★
久し振りのリーダーズブログのしょーこです。
寒いですね〜、信じられないくらいに、、、
でも来週は、3月並みの暖かさらしいですよ。
寒暖の差が激しいので、風邪をひかないようにしたいですね。

さて本日は1月16日。
12月12日のキャンパスクイーンコレクションから1から1か月と4日経ちました。
もっと大昔のように感じますが、、、(笑)
CQCでお世話になった方々、本当にありがとうございました。
私も含め、エムズシーはこのイベントで本当にいろんな事を学ぶことができました。
新しいエムズシーのスタートとでもいいましょうか、大きなきっかけになりました。

前置きが長くなりましたが、本題に入ります。
先のCQCで引退をすることができた私ですが、待ち受けていたのは“就職活動”でした。
就職氷河期といわれる昨今、「心して臨むように」と言われます。
ただ、これをしたい、この会社に入りたい、という具体的な目標が定まらない私は、
何から手をつけたらいいのかわからず、迷い、戸惑いの繰り返しです。

そんな中『志』という本に出会いました。
歴史上やスポーツ界の偉人たちの「志」に関する言葉が記された本です。
そこから、今の私への戒めのような言葉を見つけたので紹介します。

路行かざれば至らず
事為さざれば成らず

(道を進まなければ、目的地には辿り着かない
 事を始めなければ、終わることはない)

     吉野作造/大正デモクラシーを唱えた政治学者

何かを成し遂げよう、と思うならどんなに小さくても一歩踏みださなければならないのです。
私は、考えすぎる傾向があるようです。
何をすべきか考えすぎて結論が出たときには疲れ切ってしまいます。
しかし、その実一歩も進んでいません。
“0”か“1”かでは天と地の差ほどもあります。

わからなければ知っている人に聞けばいい。
肝に銘じて、活動していきます。

そしてもう一つ。
「志」が立ったあとに、忘れたくないこと。

 下足番を命じられたら
 日本一の下足番になってみろ
 そうしたら 誰も君を下足番にしてはおかぬ

     小林一三/宝塚少女歌劇・東宝映画を創設、
            又数々の社長を歴任、閣僚経験もある実業家

自ら決めた路。
プライドを持ってやり遂げたいものです。

私と同じように就職活動中のみなさん、
今日、役員改選に出たみんな、彼らと一緒に活動するエムズシースタッフ、
又新年を迎えて新たな「志」に向かっているみなさんに
少しでも参考になれば、と思います。

長文読んでいただき、ありがとうございます。



↓↓皆さんの一票が本当に励みになります!

↓↓一日一回愛を下さい(笑)!




『エムズスタッフの活動ブログ』
もぜひどうぞ!!

こんにちは☆
暫定的にリーダーをやらせていただいています
福大1年の大久保泰佑です!!

初リーダーズブログ!!頑張って書きましたので
よろしくお願いしますm(__)m

さて、早速ですが皆さんに質問です!!

皆さんは"誰にも負けない強み"を何か1つでも持っていますか??

持っている人ももちろんいると思いますが、
持っていないと答える人が多いのではないでしょうか。

自分もその1人です。

そこである話を本で見つけたので皆さんにご紹介します。

1969年、ミネソタ・ツインズというメジャーリーグの野球チームにジム・カーターというピッチャーがいました。

彼は、年にだいたい5、6勝する、中堅どころのとりたてて目立つところのないピッチャー。

コーチは、持ち球が少ないから勝てないと言っており、
ジムは球種を増やすことを考え、そのトレーニングをしていました。

しかし、ジムにはまったく結果がでませんでした。

そこにジョニー・セインという新しい投手コーチがツインズに入ります。

彼はキャンプ中のジムの投球を見て、ストレートが中でも良い球だということに気が付きます。

ジムも自信を持っているストレート。

絶対直球で三振をとるんだという気持ちをもって、
徹底的に練習するようにコーチは命じました。

そしてシーズン中は、ストレートを決め球として、あとはカーブだけ。

このやり方で彼は26勝をあげ、なんとアメリカンリーグの最優秀選手となったのです。

これは私たちにも当てはまることではないでしょうか?

何にでもチャレンジするということはとっても良いことです。

ただ、やみくもに摘み食い程度に手を広げるだけでは意味がないと思います。

たくさんの事を学ぶことができ、お互いの長所や短所に気付き合えるエムズシーの環境。

自分の好きなもの、自信のあるものを、たくさんの事から選択し、
絶対に誰にも負けないものに磨いていく。

これも大事なことだと思います♪

信頼できる仲間からの指摘によって"誰にも負けない強み"
が見つかるきっかけになったら素敵ですよね☆

“絶対に誰にも負けない強み"見つけたいですね♪

長文になりましたが、最後まで読んでくださってありがとうございました♪


↓↓皆さんの一票が本当に励みになります!

↓↓一日一回愛を下さい(笑)!




『エムズスタッフの活動ブログ』
もぜひどうぞ!!

こんにちは!!!
前回の役員会選で晴れて正式にリーダーをやらせて頂くことになった
九州大学一年山内雅仁です。
責任持ってやっていく所存ですので、よろしくお願いします!!

自分は中学、高校の6年間剣道部に所属していました。
剣道には他のスポーツでは信じられないような特殊なルールが
いくつもあり、他のスポーツとは大きく異なります。

試合場の中でガッツポーズをしたら反則とか、
眉毛を剃ってるチームは試合参加が認められなかったりとか
細かく決められています。

また、剣道には剣道固有の言葉があって、
「残心」「遠山の目」などなど一風変わっています。
他にも色々あるんですが、またの機会に書きたいと思います。

すみません、長くなりました。
剣道の紹介はさておき、本題です。

剣道をやっている者なら誰でも知っている剣士に
「栄華」さん という方がいらっしゃいます。

この方は、毎年、行われる剣道の国際大会で
最初の大会以来、連覇し続けている日本が、
最後の大将戦までもつれ込んでしまった年のときの大将です。
(ちなみに、その時は長い延長戦の末に栄華選手が突きを決め、日本は勝ちました!!剣道の由来の国である日本の誇りは栄華選手によって守られました。)

幸運なことに、私の高校に講演にいらっしゃる機会があり、
その時におっしゃってた言葉を紹介します。

『「自分らしく」なんていらない。
 「自分だけ」を作れ。
 したいことはするな、
 したくないことをやれ。』


栄華選手は最後に突きを決めた瞬間、何よりも先に
「寒い冬の朝、一番に道場に来て一人で
 冷たい水でぞうきんがけをする自分の姿」
が目の前に出てきたとおっしゃってました。

「自分だけ」こだわってやっていることは、必ず力になる!!!

成功してる人はみんな同じようなことをおっしゃっいます。

かのイチロー選手も同じようなことをおっしゃってました。

私も何か一つだけでも「自分だけ」を作ります!!!

ご精読ありがとうございましたm(__)m

↓↓皆さんの一票が本当に励みになります!

↓↓一日一回愛を下さい(笑)!




『エムズスタッフの活動ブログ』
もぜひどうぞ!!

みなさんお疲れ様です!
最近イベント情宣に奮闘中のそーいちろーです☆
12月12日が暇なそこのあなた!
Zepp Fukuokaに来ませんか?
ぜひ自分からチケットを(>_<)!!

さてさて本題ですが、
11月も半分がすぎ、日々寒さが増していきます。
人肌が恋しくなる季節ですね笑
そんな夜に布団に入ると、
ふと不安な気持ちになった経験はありませんか?
自分はあります。

自分が急に“ちっぽけな存在”に思えたり、
“今の自分に価値があるのか”と考えてみたり…
人それぞれ思うことは違うと思います。

エムズシーのような集団で活動するサークルや部活に所属すると特に、
自分の価値・存在意義について悩むことがあるのではないでしょうか。

自分はみんなのために何もできていないのではないか…
むしろいない方がいいのでは……
マイナスの考えは、きりがありません。

自分も高校時代、部活において同じような気持ちになっていました。

そんな時に、顧問の先生に言われたことを紹介したいと思います。
かなり自分流の解釈となってますがf^_^;

まず、自分の価値・存在意義は、視点を変えれば、
また見る人が変われば大きく変わるということ。


例えば、エムズで考えるなら、
なかなか活動に参加できないから、周りに迷惑をかける…
そんな理由で辞める人がいます。
これはつまり、なかなか“事務所に来れない自分”に“存在意義”を見つけられないからだと思います。

でも今いるメンバーはわかると思います。
一日でも事務所に来て貰えることが、どんなに助かるか。
一時間でも長く一緒に笑って活動できることが、どれほど楽しいことか。

できないことを理由にする前に、
できる『何か』を誇りに思う。


そんな気持ちが大切だと思います。

次に自分自身が自分の価値・存在意義を作ろうとしているかということ

ただ、できない・やれないと言う前に、
ホントに最大限の努力をしたのかどうか・・・。
さっきも言った、できる『何か』に誇りをもつことは、
それなりの努力が必要だと思います。

できないことが多いなら、できるようになる努力を。
事務所に来れないなら、来れない時に何ができるかを考える…
そんな自身の行動一つ一つが自分の価値・存在意義を作りあげていくのだと思います。

イベントまで残り約3週間。
自分を含めイベント後のメンバーはどんな人間になっているか…
悔いのないよう、みんなで頑張っていきましょう(^0^)/

まとまりのない文章、最後まで読んでいただきありがとうございました!!

↓↓皆さんの一票が本当に励みになります!

↓↓一日一回愛を下さい(笑)!




『エムズスタッフの活動ブログ』
もぜひどうぞ!!

こんにちわ☆
みなさん長らくお待たせしました!
久しぶり愛梨の登場です♪(笑)

久々のブログで何を書こうか悩んだのですが、
何か感じてもらえたら嬉しいです\(^O^)/

今世の中には色んな事件、問題が起きていますよね?
政治家の汚職や強盗事件…

そういった問題の根源にあるのは何か?
私は人間の『欲』だと思います。

よく『神様が見てるよ』とか『天罰があたる』とか言いますよね?

じゃあ人間を作ったのが神様なら、もともと人間を欲なんて無いように作ればよかったですよね。

それでも人間に『欲』が与えられた。

それは『欲』がなければ、人間は進歩しないからです。

確かに『欲』がなければ、争いもなく平和でしょう。
でも『欲』がないと、文明が発達しなかったと思います。

『欲』とは一見汚い感情に見えます。
嫉妬や争いを引き起こすこともあります。

でも、ちょっと見方や捉え方を変えれば、実は自分を変える大きな原動力になると思います!

もっと楽をしたいー、そう思うなら、もっと効率のよい方法を考える。

あの子よりできるようになりたいー、そう思うなら、あの子よりうんと努力する。

前向きに考えて、方向性さえ間違わなければ、
『欲』は『向上心』になるのです。


私はすぐ自分の欲がでて、もっとああしたいだとか、もっとこうしたいだとか、あの子はいいよなあだとか、考えて嫌な気持ちになります。

そんなときは、じゃあその欲を叶えるためには、自分はどうしたらいいかを考えるようにしています。

欲ばかり抱いて、回りに嫉妬したり、何か求めるのではなく、自分で欲を解消する方法を考えることで、成長するし、できることが増えると思います。

無駄なものなんてないんです。
ただ争いだけを生むだけのものを神様は作ったりしません。
(宗教じゃないですよ笑)

みなさん、嫉妬や欲でドロドロしてませんか?
そんな嫌な感情は向上心に変えて自分を成長させていきましょう!


↓↓皆さんの一票が本当に励みになります!

↓↓一日一回愛を下さい(笑)!




『エムズスタッフの活動ブログ』
もぜひどうぞ!!

こんにちは。
寒かったり暑かったり、最近は天気が不安定ですね。
新型インフルエンザも流行ってますし、みなさん体調に気をつけましょう。

さて、今日は11月12日。
12月12日のイベントまで、ちょうど一ヶ月となってしまいました。
時が経つのは早いですね〜
引退まで100日前、というリーダーズブログを書いたのがついこの間のことのようです。


今回は、前にリーダーズブログやスピーチで話した内容で、
皆さんに改めて紹介したい言葉を書きたいと思います。

『十人十色』
有名な言葉ですね。みんな違ってみんないい。
個性を尊重する言葉です。

しかし、今回私が紹介したいのは、この言葉ではありません。

『十人一色』です。

変に聞こえますよね。
これは、私が中学校のときに部活のコーチの言葉です。

私は、吹奏楽部でマーチングをしていました。
マーチングは、団体競技でみんなの意気が合わないと成り立たないものです。
大会前の練習で、みんなの足並みが揃っていないときにコーチがこの言葉を話してくれました。

ーーマーチングはみんながひとつになることが目標です。
  金賞が獲りたいのならば、みんなでひとつの色を作ってください。


エムズの活動を始めて、よくこの言葉を思い出します。
みんなが自分のことより、周りの人のことを考えて活動するからです。
みんなでひとつのものを創りあげよう、という気満々だからです。

もう皆さん、耳にタコかもしれませんが、
エムズは、上っ面だけではない「仲間の大切さ」に気づける環境だと思います。
本当にステキなことですね★

イベントまで、30日。
「成功」という目標に向かって、この45人で“エムズシーの色”を創りましょう!!!

最後に、新しい言葉を紹介します。
有名なボクサー、モハメド・アリさんの言葉です。

他人に貢献することは、この地球でのあなたの居場所に払う家賃である。

損得を考えないで、周りの人にどれだけ貢献できますか?

最後まで読んでいただいてありがとうございました。


↓↓皆さんの一票が本当に励みになります!

↓↓一日一回愛を下さい(笑)!




『エムズスタッフの活動ブログ』
もぜひどうぞ!!

こんにちは!!今回2度目のリーダーズブログを書かせていただきます、
美(微)豚(ヴィトン)のメンバーますみです!!

だんだん寒くなってきましたが
皆さん、お体には気を付けてください♪

さて、いきなりですが、皆さん“迷ったこと”はありますか?

「ここ、どこ!??駅どこ!?」の迷うではないですよ。笑

私はあります。

しなくてはならないことの困難さ、
自分の能力や弱さを知り
怖くなって逃げ出したい。
もうしたくない。
どうすればいいのかわからない。
ついうつ向いてしまう。
そういう経験を今まで幾度かしてきました。

そんな時、すべて忘れたフリをして
逃げ出すことは簡単かもしれません。

でも、そこで逃げ出すことが、
どんなに自分の為にならないことなのか、
後悔の他に何も残らないことなのかを
“一度逃げ出したことがある人”は
知っていると思います。

しかし生きていると、逃げてしまいたくなるような
様々な困難もあるかと思います。

そんなとき、私が思い出す言葉を紹介します。

「何事も上手く進まないときは、
 停滞の時期ではなく、
 変化の時期だ。」


というものです。
これは、私の初リーダーズブログに引き続き
BUMP OF CHICKEN藤原基央さんの言葉なのですが、
逃げたくなったときいつも踏みとどまる力を与えてくれる言葉です。

「なんでうまくいかないの?」
「どうして結果が出ないの?」
と悩む時、ある意味、一度立ち止まったっていいと思います。

「なんでうまくいかないの?」
「どうして結果が出ないの?」
と立ち止まることは
「どうしたらうまくいくか?」
「どうしたら結果が出るか?」
と、実はその答えを見出そうとする
『変化の時期』だと考えられます。

たくさん悩んで、いろんな答えの中から
「自分の成長の元」を見つけ出せる本当に貴重な時間です。

逃げ出すことは、「成長の元」となる時間も
なくしてしまうことだから、
本当にもったいないと思います。

もう一つ、ある人の言葉を紹介します。

「いろいろな困難があっても
 志を失わず
 最後までやり遂げた人が、
 概して成功している。」


知らない人はいないと思いますが、
現在福岡ソフトバンクホークス球団取締役会長、王貞治さんの言葉です。

王さんがいうと本当に説得力がありますよね。

また、目標達成にむけて努力している途中で、
いつのまにか最終基準をどんどん低く設定してしまう人もいると思います。
私もそうした甘えや弱さをもってしまいがちです。

しかし当初の目標設定を低くしてしまって、仮に達成しても、
果たして「やり遂げた」「成功した」といえるのでしょうか?

甘く設定し直した目標に到達しても、「やり遂げた」「成功した」など胸を張って言えません。
私は恥ずかしくて、その事柄を思い出したくないです。

どうせするなら、自分を恥じたくはないです。

迷って、少し立ち止まったとしても
最後には胸を張って、「成功した」と誇れるように
どんなことでも志を失わず、
最後までやり遂げられる人になりたいと思います。

皆さんは、どんな「自分」を振り返りたいですか?

お見苦しい文章だったとは思いますが
ここまで読んでいただき誠にありがとうございました!!


↓↓皆さんの一票が本当に励みになります!

↓↓一日一回愛を下さい(笑)!




『エムズスタッフの活動ブログ』
もぜひどうぞ!!

おつかれさまです★
今日もちょっぴりシャイな“さがわ”です。

初めてのリーダーズブログを書かせていただくにあたり、かなり悩んだのですが、先日、お世話になっている医師の方が和田秀樹さんという精神科医の方の本を紹介してくださいました。

その本を読み、『モチベーション』について考えさせられましたので、今回はそのことについて書かせていただきたいと思います。

エムズに所属していると、度々「モチベーションが上がる」と心から思うことがあります。

全体ミーティング、日頃の活動、リーダーズブログ、合宿、これらを通して皆さんもおそらく口に出さずとも思ったことがあるのではないでしょうか。
高いモチベーションを持つことはとてもすてきなことですよね。
やる気が出るのは勿論、表情も笑顔であることが多いと思います。

しかし、モチベーションは「意欲」「やる気」といった言葉に置き換えられることが多いですが「動機づけ」「目標意識」といった意味合いもあると和田さんはおっしゃっています。

例えば「仕事のモチベーションが高い人」というのは、単純に“やる気満々の人間”をさすのではなく、「自分の仕事に高い目標を掲げ、その実現に意欲を持ってぶつかる人」です。

「やる気」の先に、“何を見据えているか”が問題なのです。

ふくらんだ風船を放っておけば空気が抜けていくのと同様、ただ「やる気」だけを持っていても何もしなければモチベーションは低下していきます。
これではせっかくのチャンスが勿体ないですよね。

そこで“和田さんのアドバイス”の中から、「モチベーションを高く保つために大切なこと」をふたつをご紹介します。


 悒薀ぅ丱襪梁減澆鯊臉擇砲垢襦
自分を刺激してくれる人を意識したことが誰にでもあると思います。
同じ目標に向かい努力している仲間を常に意識し、本音をぶつけ合いお互いを高め合える関係を築くとモチベーションは上がる一方だと思います。
エムズには「よきライバル」が沢山居るはずです。
また、自分が仲間に「ライバル」と思われること程、しあわせなことはないのではないでしょうか。
ここで、ライバル探しの時に気をつけたいことは「自分より出来る人間」を煙たがらないことだと和田さんは書かれています。
「出来る人」を遠ざけてしまえばそれだけ自分のチャンスが減り、逃げや甘えに近づいてしまうはずです。
できる人に大いにもまれ、「自分はまだまだだな」と気付くことこそ努力する理由になり、モチベーションアップに近づくとわたしは思います。
自分を情けなく思ってしまうことも、反動にすることでプラスの 力に変えていきたいです。


◆悒織ぅ箸併間割を自分に課す』
モチベーションが下がっているときは、時間にルーズな感覚を持っています。
「この仕事の締め切りは週末だから今やる必要はない」
「テストは来週だから週末にまとめて勉強しよう」
という考えを抱くことがありますが、モチベーションが高いときは「今やろう」と考えます。
これが単純にその時の感情だけでの思い付きではとても残念なことですよね。
そこで、「自分の時間割をきちんと持つこと」でつねにタイトな時間割を意識することが大事になります。
目先の事だけでなく、そのあとに続く仕事や勉強、予定や計画を意識することは、「今」がのんびりした時間帯ではないということを気付かせてくれます。
大きな計画をつねに意識すると、否応なしにタイトな時間割をつくることができるのではないでしょうか。

いつでも「今日が勝負」です!

この言葉は和田さんの書かれている本の中でも、とくに印象に残りました。
つねに意識していたいです。


前述したように、モチベーションは目標意識のことでもあります。
モチベーションが高いというのは、高い目標を掲げてその実現をめざしている状態です。
わたしたちは今、冬のイベントを成功させるという大きな目標があります。その大きな目標を絶対に忘れないことが何よりも大切なことだと思います。


わたしは、もともとすごく人見知りで内向的な人間でした。
そんな自分を「アツくなりたい!!」と心底思わせてくれた、エムズシーという場所が本当に大好きです。

「さあ忙しくなるぞ」「がんばるぞ」こういった高揚感、モチベーションの上がったあの瞬間を忘れずに、そして「もう始まっているんだ」という気持ちをしっかりと持ち、高いモチベーションを以て、アツく皆さんと走っていきたいです。

読み難い文章だったと思いますが、
ここまで読んでくださって本当にありがとうございました。


↓↓皆さんの一票が本当に励みになります!

↓↓一日一回愛を下さい(笑)!




『エムズスタッフの活動ブログ』
もぜひどうぞ!!

こんにちわ!ゆかこです :)

夏休みがもう終わりましたが皆はどうすごしたのでしょうか?
私は3週間短期留学してきました!!

2週間“語学学校”に通って、残りの1週間は航空とホテル業界の体験をしてきました!

航空では実際にキャビンクルーがする事を体験したんですが、
特に避難する時が1番圧倒されました!
すごく体力がいるんですよね...

今の私には無理だ!!!笑


これでキャビンクルーは見た目だけじゃないってわかりました!!


最終日に5つ星ホテルに行きました!!
各部屋を見せてもらったりlunchを食べました!!(なんて贅沢..☆)

前の日にテーブルマナーを習っていたんですが、こんなホテルで働く人は評価が高い人だからすごいなって思いながら見てました!

今回で色々勉強になったんですが、こんな貴重な体験が出来て、今年参加してよかったなって思いました!

1歩踏み出す勇気!!

新しいことに挑戦するとき、最初は勇気がいるのかもしれません。

しかし、いろんな事にtryしたり、「1歩踏み出す」ことは、自分を成長させる上で本当に大切なことだと思います。

チャンスにもなるし、なにより楽しかったりもします。笑

何事にも積極的になりましょう!

きっと楽しいし、いろんなことが得られるきっかけになるように思います!!


↓↓皆さんの一票が本当に励みになります!

↓↓一日一回愛を下さい(笑)!




『エムズスタッフの活動ブログ』
もぜひどうぞ!!

みなさんお久しぶりです!
最近様々な噂が飛びかっているそういちろうです♪
この場をかりて、すべての噂を否定します(〜へ〜”)

突然ですがみなさん、今までにどうしよもなく打ちのめされた経験ってありますか?
自分の実力が遥かに足りないことを実感する瞬間・・・

自分には本当の意味で完全に打ちのめされたり、完全な負けを感じたりしたことがありません。
この発言、一見自慢に聞こえるかもしれません。
たぶん少し前の自分がこの発言を聞いたら、自慢に聞こえていると思います。

でも最近エムズに入って気づきました。
自分は打ちのめされた経験がないのではなく、
打ちのめされるほどの努力をしていないのだということを。


人間だれしも何かに本気で取り組んでいれば、必ず壁にぶち当たります。
その壁を乗り越えようと必死に努力するか、諦めてしまうか。
はたまた努力したふりをするのか・・・
必死になって努力しても乗り越えられない壁に直面した時、人は「打ちのめされる」という経験をするのだと思います。
はたから見たらそれは「失敗」という形にとられ、自分を含め多くの人がそれをかっこ悪いことだと感じています。
だから失敗する前に努力したふりをして言い訳を作り、越えられそうにない壁に、「自分は頑張った」と言って背を向けます。

でもそれって一番かっこ悪いですよね。

そこでたまたま思い出したある言葉(手紙)を紹介したいと思います。


親愛なるロングホーン諸君

打ち負かされること自体は、何ら恥じるべきことではない。
打ち負かされたまま、立ち上がろうともせずにいることが、恥ずべきことである。
(中略)
君たちも三軍でシーズンを迎え、六軍に落ちたり、一軍で始まり、五軍となるかもしれない。
諸君が常に自問自答すべきことは、打ちのめされた後、自分は何をしようとしているのか、ということだ。
不平をこぼし情けなく思うか、あるいは闘志を燃やし再び立ち向かっていくのか。
今後、競技場でプレーする諸君の誰もが、一度や二度屈辱を味わうだろう。
打ちのめされたことがない選手なんて、かつていない。
ただ一流の選手はあらゆる努力をして速やかに立ち上がろうと努め、並の選手は立ち上がるのが少しばかり遅い。
そして敗者はいつまでもグランドに横たわったままだ。


さて皆さんはどの選手でしょうか。

まとまりのない長文、最後まで読んでいただきありがとうございました。


↓↓皆さんの一票が本当に励みになります!

↓↓一日一回愛を下さい(笑)!




『エムズスタッフの活動ブログ』
もぜひどうぞ!!

こんにちは☆二度目のリーダーズブログを書かせて頂きますまさとです(^ω^)
今、自分は暫定ではありますが、リーダーという立場に立たせてもらってます。

そこで“リーダーに必要な力”とは何だろうか?と最近、よく考えます。

そんな時、学習している漢文に登場する太古の中国の英雄の名言の中に次のような言葉がありました。

「戦場において将軍は、
 たとえ皇帝の言葉であっても
 従う必要はない。
 信ずるは己、
 大切にすべきは
 その場にいる者達だ。」


どういう意味かというと、リーダーが一番大切にすべきは、
自分と一緒に頑張ってくれている現場の者達だという意味です。

その者達のためを一番に考え何よりも大切にし、
その上で下した自分の判断を信じろ、ということでした。

さらには「さすれば、求心力が生まれる、そうなれば真のリーダーだ。」と続いていました。

私も今、一緒に目標に向かっている皆を何よりも大切にしたいと思います。

また、相田みつをさんの言葉に

『「あの人」がするなら私もする。
 「あの人」がするなら私はしない。
 あなたはどっちの「あの人」か…』


というのがあります。

私もいつかは前者の「あの人」になれるよう、頑張ります。

最後まで読んで下さってありがとうございます。


↓↓皆さんの一票が本当に励みになります!

↓↓一日一回愛を下さい(笑)!




『エムズスタッフの活動ブログ』
もぜひどうぞ!!

お疲れさまです★
みんなのアイドル愛梨です\(^O^)/
お!痛い視線を感じる!(笑)

この間ある企業な方と話をして
素晴らしいお話を聞いたので
みなさんにも伝えたいと思います!


人は生きていく過程で、多くの人に出会います。
そんな中で、どんな人と付き合っていくかはとても大事なことです。
どんな人と付き合うべきか―

それは、視点の高い人です。

視点の高い人はより広い世界をみることができます。
そんな人と付き合って、話していくうちに、自分も広いものの見方ができるようになり、高い視点を手に入れることができます。

そして、さらに高い視点を持つ人に出会うことができます。
そうして、さらに広い世界がみれるようになります。
このように、視界の高い人と付き合うことで、
自分の視界も高めることができます。

ここで、大切なことがひとつあります。
そういった高い視点をもつ人と付き合っていきたいのなら、
自分自身がそれを求めていなければいけない
ということです。

みなさん「類は友を呼ぶ」という言葉はご存じですね?

そう、視点を高く持ちたいという人の周りには同じくそういった人が集まり、
逆に視点の低い人の周りには、視点の低い人しか集まらないのです。

だから、いつまでも自分のことばかり考えて、
ああだこうだと不満を言っているうちは、周りにもそんな人しか集まらず、
視界は高くなるどころか、低くなるばかりです。


逆に不運なことでも前向きに高い視点からものごとをみようとする人の周りには、視点の高い人があつまり、どんどん視点を高めていくことができます。

どっちを選ぶべきか、賢明な人なら迷わず後者を選びますよね。

エムズシーは高い視点を求める人の集団だと思っています。
みんなでお互いを高め会える集団でありたいですね!

長文読んで頂き、ありがとうございました★


↓↓皆さんの一票が本当に励みになります!

↓↓一日一回愛を下さい(笑)!




『エムズスタッフの活動ブログ』
もぜひどうぞ!!

こんにちは。先日の阿蘇合宿で、
心も体もオープンになってきましたよこです。笑

さて、今回、リーダーズブログで書かせて頂きます内容は、
今自分に一番足りないことで、それを戒める意味でも書きたいと思います。

テーマは「先のばしぐせ」です。

エムズで活動をしていると、先輩やリーダーから、
「この仕事やっといて」と、仕事を頼まれることは多いと思います。
それは、コピーをしたり、備品の買い出しに行ったり…
といったささいなことから、
企画書の制作やフリーペーパーの担当ページの制作など
頭を使って考えるものまで様々です。

そういった仕事を任されたとき、僕の経験上、直接は言っていなくても、
たいていの場合が「すぐにやれ」という意味であると思います。
でも、「別の仕事をしているので今言われても困る」という気持ちを持つかもしれませんが、「すぐにやる」しかないのです。
ではどうすればよいのでしょうか?

ここで、最近仁士さんや先輩方の話でよくお聞きするのが、
「優先順位をつける」ということです。

,海譴呂い泙垢阿笋蕕覆韻譴个覆蕕覆い海箸。
△い困譴笋蕕覆韻譴个覆蕕覆い世蹐Δ、
 いまは後まわしにしてもいいのではないか。
やらなければならないと思っていが、
 よく考えてみれば(自分が)やらなくてもよかった。


この3つに分けられると思います。
そして、今の自分の仕事を書きだしてみると、の「やらなければならないと思っていが、よく考えてみれば(自分が)やらなくてもよかった。」というものが、とても多かったです。
まずは、このの仕事をクリアにしていくだけでも、大分時間に余裕が生まれるのではないかと思います。

これから、冬のイベントまでとてもアツイ日々が続いていきますが、時間を有効に使って、いっぱい学んで、いっぱい遊べるようにがんばりましょう!


↓↓皆さんの一票が本当に励みになります!

↓↓一日一回愛を下さい(笑)!




『エムズスタッフの活動ブログ』
もぜひどうぞ!!

※本日のリーダーズブログは、大好きなひすいこうたろうさんの
 8月21日付メルマガより、内容を引用させて頂きました。
 いつも素敵なメルマガをありがとうございます。


あっという間に9月です。
時が過ぎるのは早いものですね。

本日は「逆境」について。

私達が“目標”“夢”何かに向かって頑張ろうとしているとき、
そこにはいろんな“困難”“試練”にみまわれることがよくあります。

いわゆる「逆境」ってヤツです。

私達は大きな「逆境」に見舞われると、
「逃げ」たり、「言い訳」したりして
“できない自分”をごまかしたり、慰めようとしてしまいがちです。

しかし、「この方」の生涯を振り返ると、
どんな逆境にも「言い訳」ができなくなりそうです。


1歳9か月で病気により目と耳をおかされ、
「見る」「聞く」「話す」ができなくなった彼女―。



そう、誰もがその名前を知っている「ヘレンケラー」です。


サリバン先生の支えのもと、3重苦を乗り越え大学に進学し、そして社会福祉実業家として数々の感動を与えたヘレンケラー。[参照:ヘレンケラー物語]

彼女の軌跡(奇跡)を知ると、自分達の甘さを痛感します。


ヘレンケラーは晩年こんな言葉を残しています。

「私は自分の障害を神に感謝しています。
 私が自分を見出し、生涯の仕事、
 そして神を見つけることができたのも、
 この障害を通してだったからです」


8歳のヘレンケラーとサリバン先生
(↑8歳のヘレンケラーとサリバン先生)


さあ、私達もいろんな「逆境」を乗り越えていきましょう!


↓↓皆さんの一票が本当に励みになります!

↓↓一日一回愛を下さい(笑)!




『エムズスタッフの活動ブログ』
もぜひどうぞ!!

こんにちは☆

最近、朝夕めっきり涼しくなりましたね。
季節の変わり目なので風邪に気をつけましょー!!!

今日は9月3日、冬イベントまでジャスト100日となりました!
つまり、私とみなの引退まで、100日です。
ということで、今回、私がリーダーズブログを書かせていただくことになりました。

今回は“夢”について考えたいと思います。
みなさん、夢はありますか?
それぞれ、この職業に就きたいとか、この会社に入りたい、お嫁さんになりたいなどあると思います。
部活をしている人は大会で優勝する、などあるかもしれません。

「ひとりで見る夢は夢でしかない。
 しかし、誰かと見る夢は現実だ」


これは、ジョン・レノンの奥さん、オノ・ヨーコの言葉です。

人間はそんなに強くありません。
ひとりで夢を追っていると、
困難にぶち当たったときに、甘えてしまいます。
誰にも気づかれずに、逃げることもできます。

でも、夢を誰かと共有していたら、一緒に頑張ることができます。
夢に対する可能性も二人分、三人分と増えていきます。
つまり、夢が現実に近づきます。
何より、一緒にやっている“この人のために”という強い気持ちになることができます。


私には、夢があります。
就活目前にも関わらず、なりたい仕事はわかりませんが、、、
私の夢は、前述した冬のイベントを成功させることです!!!
そして、私にはこの夢を一緒に目指してくれる仲間がいます。
今までにない大きなイベントで、初めてのことや難しいことが多いですが、
毎日楽しく活動できるのも、この仲間のおかげです。

引退まで残り100日ということで、
最近よく、エムズに入ってから今までを思い返します。
今まで関わってくれた、すべてのひとに、感謝するばかりです。

いろいろなことを教えて下さったり、相談にのってくださった先輩達。
こんな私についてきてくれる、かわいいかわいい後輩たち。
次のイベントのために関わってくださる、多くの企業の方々。
にしさんには、感謝してもしきれません。
そして、みな。みながいるから、私は頑張れます。

みなさん、本当にありがとうございます。

そして、今私と一緒に夢を見てくれているみんな、
ありがとう。

残り100日、突っ走っていきます!!!


↓↓皆さんの一票が本当に励みになります!

↓↓一日一回愛を下さい(笑)!




『エムズスタッフの活動ブログ』
もぜひどうぞ!!

こんにちは(*^ー^)ノ
最近、夏の暑さで溶けそうなおだけん
ですヾ( ´ー`)

今回リーダーズブログを書くにあたって正直何を書こうか悩んだんですけど、“ゼミの教授”が話されたことについて書こうと思います。

今、会社が求めている資質の中に
「小さな気遣いができるかどうか」
というのがあるそうです。

そして、“たとえ高学歴であっても気遣いができなければ、あまり評価は良くない”
との教授のお話がありました。

そのゼミの講義時に教授が使われた素材に、「リッツカールトン」についての映像がありました。
リッツカールトンとは世界的に有名な高級ホテルでそこでは世界一のおもてなしが受けられるそうです。
そのために高級ホテルにも関わらず、リピーターになる人が多いのだそうです。

そのおもてなしの例として、例えばハワイに行く予定だったのに急に用事が入ったりして行けなくなったお客さんがいるとします。
そこでリッツカールトンでは、お客様とフロントでの会話の中から、本当はハワイに行く予定だったということを読み取り、それを元にサービスを行っていました。
その映像の中ではお客様の部屋を南国仕様に変えたり、また南国のムードを出すためのルームサービスを行ったりしていました。

少しの会話から得た情報からお客様が予想もしないようなサプライズを行うことにより、感動したお客様はリピーターになっていくというわけです。

実際僕もこの映像を見た後には、是非リッツカールトンに泊まってみたいと思いました。


こうした「気遣い」が出来ることって素敵なことだと思います。

しかし、「少しの気遣い」って簡単そうでかなり難しいことです。

自分もまだそういった気遣いがほとんどできていないと思うので、相手が今何をしてもらったら嬉しいのかなどということを瞬時に見抜き、少しの気遣いからできるようになりたいです。

多少意味の分からない部分もあったと思いますが、最後まで読んでいただきましてありがとうございました。


↓↓皆さんの一票が本当に励みになります!

↓↓一日一回愛を下さい(笑)!




『エムズスタッフの活動ブログ』
もぜひどうぞ!!

※以下、英文のあとに意訳してます!※

I've missed more than 9,000 shots in my career.

I've lost almost 300 games.

26 times, I've been trusted to take the game winning shots and missed.

I failed over and over and over again in my life.

That is why I succeed.



(プロになってミスしたシュート。9000本以上。

 そして300試合は負けをきっした。

 ウイニングショットをはずした事は26回。

 今まで何度も、何度も、何度も失敗した―。

 だから、私は成功する。)



マイケルジョーダン(シカゴブルズ時代)
(↑“神”と呼ばれた男、マイケルジョーダン)


↓↓皆さんの一票が本当に励みになります!

↓↓一日一回愛を下さい(笑)!




『エムズスタッフの活動ブログ』
もぜひどうぞ!!      

みなさんこんにちわ(^O^)/
8月から暫定的にリーダーをやらせていただくことになった、林聡一郎です!

初めてのリーダーズブログで緊張してます…

ではいきなりですが、みなさん『無知の知』という言葉を知っていますか??

古代ギリシャのソクラテスの考えなのですが、どういう意味かというと……
まぁ言葉通り、

“知らないということ”を知っている

という意味です。(説明下手ですみません)
何か当然のことのように思えるかもしれませんが、これって以外とできてないことだと思います。

自分はエムズに入って五ヶ月弱、ほんとにたくさんのことを教えていただき、経験をさせていただきました。

知識もたくさん増えた…と思います。

そんな中で1番自分のためになっている知識。
(知識とは言えないかもですが……)
それは、いかに自分が何も知らない・できない人間かということです。

そしてさらに悪いことに、自分自身は
知っていた・できていたつもりになっていました。

敬語の使い方だったり、先輩への態度であったり…

どれも指摘されなければいつまでもそのままだったと思います。

このようなことに気付けるエムズという環境に出会えたことに、ほんとに感謝しています。

みなさんも、『知ってる・できてるつもり』になってることってありませんか?

まとまりのない文章、最後まで読んでいただきありがとうございました。


↓↓皆さんの一票が本当に励みになります!

↓↓一日一回愛を下さい(笑)!




『エムズスタッフの活動ブログ』
もぜひどうぞ!!

最近読んだ本より♪

“『いま』は物事を成し遂げるが、

 『いつか』は、失敗を意味する”


きょうの目標は今日のうちに達成すべきものだ。
また志を達成しようとするのならば、その第一歩は今でなければならない。
今すぐ始めよう。
「いつか」は忘れてしまおう。
何かを達成するには、今すぐ始めるしかないことを自分自身に言い聞かせて、
すぐに実行しよう。



“思ったら即実践”

大切ですね!


↓↓皆さんの一票が本当に励みになります!

↓↓一日一回愛を下さい(笑)!




『エムズスタッフの活動ブログ』
もぜひどうぞ!!


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 『心が凹んだ時に読む本』   by久米咲希花
    かおり
  • 『心が凹んだ時に読む本』   by久米咲希花
    かなえ
  • 『心が凹んだ時に読む本』   by久米咲希花
    はなえ
  • 『心が凹んだ時に読む本』   by久米咲希花
    もも
  • 『見通す力』    by中垣佳織
    はなえ
  • 『見通す力』    by中垣佳織
    さきか
  • 『超訳 吉田松陰』   by芦塚花恵
    かなえ
  • 『超訳 吉田松陰』   by芦塚花恵
    かおり
  • 『超訳 吉田松陰』   by芦塚花恵
    もも
  • 『超訳 吉田松陰』   by芦塚花恵
    さきか

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM