※今回も好評につき、
 あすか先輩(当時2年生)の「サンクチュアリ」の名言シリーズ!!
 リメイク版第3段をお送りします※



ビビることはない。失敗しまくればいい。
うまくいくまで諦めないこと、それがすべてだ。
そう、倒れるときも前のめり!
「七転び八起き」なんて甘い、甘い。
「億転び兆起き」ぐらいのテンションでいこう。
せっかく追いかけ始めた夢を、自分の才能やセンスがないことにして、
あきらめるのは勝手だが、何か寂しい。
「いつか見てろ!」って叫びながら、信じて続けてみな!
最後の最後に、一度でも成功すれば、
過去のすべての失敗は「経験」と呼ばれるんだから。
「sanctuary」


みんな失敗することって怖いですよね??
少なくとも私は怖いです(-_-;)
しかし、失敗するかもしれないということばかりに心を砕いていたら、例えばなにか大きなことにチャレンジしようと思ったときに、そのことばかりに心が囚われて大きな一歩が踏み出せなくなるのではないでしょうか。

失敗することはたしかに怖い、だけれども失敗してみないと、倒れてみないと分からないこと、気付かないことはたくさんあると思います。
失敗してみてはじめて気付く自分自身の甘さ、弱さ、傲慢さ、そのほかにもたくさんの様々なことに気付くことができるのではないでしょうか。
そして、そんのようなことに気付くことができる経験はとても貴重で、とても大切なものではないでしょうか?

上にある言葉は「sanctuary」という本の中にある言葉の一つです。

「成功するまでやれば、必ず成功する。」

そりゃそうです!!


とても当たり前のことなんだけれども、そのあたり前のことを成し遂げることはとても難しいと思います。
失敗しても何度でも何度でも起き上がり、挑戦し続ける勇気。
そして、それにプラス失敗したとき、せっかく倒れたんだからただでは起き上がらない!!という精神。
今の自分に足りないものばかりだけれども、理想の自分に近づくために努力していきたいと思います。

そう、倒れるときも前のめり!


↓↓皆さんの一票が本当に励みになります!

↓↓一日一回愛を下さい(笑)!




『エムズスタッフの活動ブログ』
もぜひどうぞ!!

Comment
「sancutuary」と言う本私は読んだことないのですが凄くいぃですね(^-^)ひとつひとつの言葉が凄く心に響きます☆
私もいつも何か始める時新しい事に挑戦する時失敗ばかり恐れて結局何もできないって事が多いです(._.)失敗するって思う事にでもぶつかっていけるようにしたいなって思いました。
  • y.y.
  • 2006/09/20 01:57
いい言葉ですね。
  • AT
  • 2009/04/25 13:52
「成功するまで続ければ、必ず成功する」

僕は、違うところでもこのお話を
聞いたことがあり、自分にとって
とても勇気づけられた言葉です♪
  • y0k0
  • 2009/04/27 00:49
成功するまでやれば成功する

自分には思いもつかない考え方でした
粘り強く頑張る。
今の可奈に欠如している一つだと思います(>_<)
今年こそ!!!!
  • 可奈子
  • 2011/03/16 09:31
最後の最後に、一度でも成功すれば、
過去のすべての失敗は「経験」と呼ばれるんだから。
って所好きです!

私も失敗なんか恐れずに、
億転び兆起きくらいの気持ちでできたらいいなぁ♪
  • ローズ
  • 2011/03/20 01:40
倒れるときも前のめり!
この気持ち大切にしたいです♪
  • 美紅
  • 2011/03/31 21:21





   
この記事のトラックバックURL : http://leadersblog.mssea.net/trackback/361064

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 『心が凹んだ時に読む本』   by久米咲希花
    かおり
  • 『心が凹んだ時に読む本』   by久米咲希花
    かなえ
  • 『心が凹んだ時に読む本』   by久米咲希花
    はなえ
  • 『心が凹んだ時に読む本』   by久米咲希花
    もも
  • 『見通す力』    by中垣佳織
    はなえ
  • 『見通す力』    by中垣佳織
    さきか
  • 『超訳 吉田松陰』   by芦塚花恵
    かなえ
  • 『超訳 吉田松陰』   by芦塚花恵
    かおり
  • 『超訳 吉田松陰』   by芦塚花恵
    もも
  • 『超訳 吉田松陰』   by芦塚花恵
    さきか

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM