「夢は逃げない、逃げるのはいつも自分だ。」

By 高橋 歩

この言葉は、自分が大学生活を過ごすうえで大切にしている言葉です。
皆さんは高橋歩さんをご存じですか?

高橋 歩
「自由人」を自称する日本の実業家、随筆家。(Wikipediaより引用)


まぁ簡単に言いますと、「世界を旅して、人生を最強に楽しんでいる、かっこよすぎる男の人」です!
彼から影響を受けた人は世界で数え切れない程いると思いますが、自分もその一人です。
気になった人は、ホームページでチェックしてみてください!
価値観が変わるかもしれませんよ♪

http://www.ayumu.ch/index.html

さて、冒頭の「夢は逃げない、逃げるのはいつも自分」という高橋歩さんの言葉をなぜ自分が大切にしているかといいますと、大学生活を充実させたいからです。

新入生のみなさんは入学式が終わり、大学生活がスタートして、「何のサークルに入るか?」「アルバイトはいつから始めようか?」などを考えて、心を躍らせている頃ではないでしょうか。

皆さんそれぞれ理由はあると思いますが、サークルやアルバイトをするのは、「大学生活を充実させるため」だと思います。

ある統計でも、サークルやアルバイトをしている学生の方がしていない学生より学生生活の充実度は高いというデータもあります。

では、サークルやアルバイトをすれば大学生活が充実するのでしょうか?

自分は違うと思います。

実際にサークルやアルバイトに入っている人でも、大学生活を充実していると感じている人は、約60%みたいです。

では、本当の意味で大学生活を充実するためにはどうすればいいのでしょうか?
自分は考え方(視点)を変えることだと思っています。

その考え方のヒントを与えてくれたのが、高橋歩さんの「夢は逃げない、逃げるのはいつも自分」という言葉でした。
この言葉を自分なりに解釈すると、『夢(目標)を達成するためには、環境ではなく自分(考え方・視点)を変える必要がある』となります。

昨今、就職氷河期と言われているように就職率が約60%という低さです。
これは、5人中2人は就職できていないことを表しています。
就職氷河期という厳しい環境は個人がどれだけ努力をしても簡単には変えることはできません。
そんな時に変えられるのは、自分だけだと思います。
例えば、「志望する企業に就職したい!でも、就職氷河期だから厳しいかも…」ではなく、「就職氷河期だからこそ、何か一生懸命になれるものを見つけて、自分の人間力を高めよう」と考えることができるか?
このように、できる理由付けによる発想の転換を常にすることで、大学生活を本当の意味で楽しむことができると思います。

「どうせなら自伝になるような物語を生きよう。
 そして、人生の主人公であり続けよう。」


by 高橋 歩

新入生の皆さんのこれからの大学生活が最高に楽しいものになるようにがんばってください!!!

110408l


↓↓皆さんの一票が本当に励みになります!

↓↓一日一回愛を下さい(笑)!




『エムズスタッフの活動ブログ』
もぜひどうぞ!!

新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます!

今週から、各大学入学式が始まり、
多くの新入生がこの福岡に集まっています。

エムズシーも、まだ見ぬ新しい仲間との出会いを
テンションMAXで楽しみに待っています♪

ただ何といっても一番楽しみにしているのは、
新入生の皆さん自身だと思います。

夢の独り暮らし♪友達との飲み会♪サークルでの多くの出会い♪
バイトで稼いで旅行に…etc

もちろん不安もあるでしょうが、
基本は憧れのキャンパスライフを想像するのではないでしょうか?

ここでもうすでに半分の大学生活を終えた自分から一言・・・
その想像は半分あってって半分間違い・・・。
どういうことかというと・・・

大学生活は、意外と平凡です笑

人間はよくも悪くも「慣れ」が生まれます。
慣れは怖いもので、最初は刺激的だった毎日が苦痛になることもしばしば。

でも皆さんまだ落ち込まないで下さい!!
こんなネガティブな事を言いたいが為に書いたのではありません!

この厄介な「慣れ」。意外と簡単に克服できます!
それは、過去の先輩もブログで紹介されていましたが、
「何事にも全力で取り組む」こと。
慣れは一見効率的に見えますが、
一歩間違えれば手を抜くことに繋がります。

高校の部活などもそうだと思いますが、
きつくても全力で取り組んだ何か、
それを続けていた期間は
「有意義なもの・思い出深いもの」になっていますよね?

大学生活もおなじです。
ただ間違いなく、挑戦できる幅が格段に広がります。

まよったら挑戦してみる。そして全力で取り組む。
ありきたりですが、新一年生の皆さんのキャンパスライフは
無限の可能性があると思います。
ぜひ無駄にしないようにしてください。
時間が過ぎるのはあっという間ですよ!

まとまりの無い文章ですが、
最後まで読んでいただきましてありがとうございました!

110404


↓↓皆さんの一票が本当に励みになります!

↓↓一日一回愛を下さい(笑)!




『エムズスタッフの活動ブログ』
もぜひどうぞ!!

こんにちは。
2010年度、最初にリーダーズブログを書かせてもらうことになりましたヨコです。
新入生歓迎会にいっぱい新入生が来てくれて、めっちゃワクワクしてるこの頃です。

さて、今回のリーダーズブログでは『最高の出会い』について書きたいと思います。

大学生になると、学校の規模や行動範囲の拡大、また、自由に使える時間の増加から、高校生までとは違って、本当にたくさんの人と出会う機会があります。
だから、「大学生活を楽しもう!」と思うなら、誰もが「出会い」を大切にしなければいけないと思います。
しかし、ただ単にたくさんの人に会っていっぱい友達を作ることも楽しいですが、“出会いを通し、これから成長していきたい”と思っているみなさんたちとっては、特に“『できる』人”との出会いが大切だと思います。

自分は今まで、企業の方や学生団体との関わりの中で、たくさんの“できる人”と出会いました。
そして“できる人”にはいくつかの共通点があります。

自分がその中で特に大切だと思ったことが、
みんな驚くほど「プラス思考」なのです!

最近、自分の周りでもそうですが、何か物事をしようとするとき、
「でも、面倒くさいやん」
「だって、大変そう」
が先行して、何もやろうとしない人が多いような気がします。

“できる人”は、そんな時、
「ちょっと大変かもしれない。
 だからこそ、やりきったら達成感とか感じると思う。
 だからがんばろう!」
っていう考え方になるように思います。

つまり“できる人”とは『プラスの理由付け』をするのが上手い人だと思います。

そしてその際によく出てくるキーワードが、「だからこそ」です。
この言葉は、マイナスをプラスに変えるすばらしい言葉だと思います。

「でも」「だって」ではなく、「だからこそ」を使おう!

そうすると、自然とプラス思考になるはずです。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
“100人のうち1人しかできないようなこと”があったとする。
しかし、日本というスケールで考えれば、
1億人のうち100万人にできること。
“100万人の人にできること”って考えると、
自分にもできそうな気がする。

また、100人に1人しかできないことって、
だからこそ、できたらかっこいいじゃん。

とりあえずがんばってみよう!
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※


「できる」人との出会いは自分を成長させてくれます。

そして、その人に対して自然と「感謝」の気持ちがわいてくると思います。

感謝の気持ちが動くとき、感動が生まれる。

これはエムズで教えてもらった言葉です。

素敵な方々との「出会い」の中で「感謝」の気持ちが生まれ、その結果、たくさんの「感動」を生み出していく。

そんなきっかけとなる出会いこそが、『最高の出会い』だと自分は思います。

新入生のみなさん、これからたくさんの『出会い』を重ね、そして、みんなでいっぱい感動していきましょう!!!


↓↓皆さんの一票が本当に励みになります!

↓↓一日一回愛を下さい(笑)!




『エムズスタッフの活動ブログ』
もぜひどうぞ!!

こんにちわ☆
みなさん長らくお待たせしました!
久しぶり愛梨の登場です♪(笑)

久々のブログで何を書こうか悩んだのですが、
何か感じてもらえたら嬉しいです\(^O^)/

今世の中には色んな事件、問題が起きていますよね?
政治家の汚職や強盗事件…

そういった問題の根源にあるのは何か?
私は人間の『欲』だと思います。

よく『神様が見てるよ』とか『天罰があたる』とか言いますよね?

じゃあ人間を作ったのが神様なら、もともと人間を欲なんて無いように作ればよかったですよね。

それでも人間に『欲』が与えられた。

それは『欲』がなければ、人間は進歩しないからです。

確かに『欲』がなければ、争いもなく平和でしょう。
でも『欲』がないと、文明が発達しなかったと思います。

『欲』とは一見汚い感情に見えます。
嫉妬や争いを引き起こすこともあります。

でも、ちょっと見方や捉え方を変えれば、実は自分を変える大きな原動力になると思います!

もっと楽をしたいー、そう思うなら、もっと効率のよい方法を考える。

あの子よりできるようになりたいー、そう思うなら、あの子よりうんと努力する。

前向きに考えて、方向性さえ間違わなければ、
『欲』は『向上心』になるのです。


私はすぐ自分の欲がでて、もっとああしたいだとか、もっとこうしたいだとか、あの子はいいよなあだとか、考えて嫌な気持ちになります。

そんなときは、じゃあその欲を叶えるためには、自分はどうしたらいいかを考えるようにしています。

欲ばかり抱いて、回りに嫉妬したり、何か求めるのではなく、自分で欲を解消する方法を考えることで、成長するし、できることが増えると思います。

無駄なものなんてないんです。
ただ争いだけを生むだけのものを神様は作ったりしません。
(宗教じゃないですよ笑)

みなさん、嫉妬や欲でドロドロしてませんか?
そんな嫌な感情は向上心に変えて自分を成長させていきましょう!


↓↓皆さんの一票が本当に励みになります!

↓↓一日一回愛を下さい(笑)!




『エムズスタッフの活動ブログ』
もぜひどうぞ!!

こんにちは!!今回2度目のリーダーズブログを書かせていただきます、
美(微)豚(ヴィトン)のメンバーますみです!!

だんだん寒くなってきましたが
皆さん、お体には気を付けてください♪

さて、いきなりですが、皆さん“迷ったこと”はありますか?

「ここ、どこ!??駅どこ!?」の迷うではないですよ。笑

私はあります。

しなくてはならないことの困難さ、
自分の能力や弱さを知り
怖くなって逃げ出したい。
もうしたくない。
どうすればいいのかわからない。
ついうつ向いてしまう。
そういう経験を今まで幾度かしてきました。

そんな時、すべて忘れたフリをして
逃げ出すことは簡単かもしれません。

でも、そこで逃げ出すことが、
どんなに自分の為にならないことなのか、
後悔の他に何も残らないことなのかを
“一度逃げ出したことがある人”は
知っていると思います。

しかし生きていると、逃げてしまいたくなるような
様々な困難もあるかと思います。

そんなとき、私が思い出す言葉を紹介します。

「何事も上手く進まないときは、
 停滞の時期ではなく、
 変化の時期だ。」


というものです。
これは、私の初リーダーズブログに引き続き
BUMP OF CHICKEN藤原基央さんの言葉なのですが、
逃げたくなったときいつも踏みとどまる力を与えてくれる言葉です。

「なんでうまくいかないの?」
「どうして結果が出ないの?」
と悩む時、ある意味、一度立ち止まったっていいと思います。

「なんでうまくいかないの?」
「どうして結果が出ないの?」
と立ち止まることは
「どうしたらうまくいくか?」
「どうしたら結果が出るか?」
と、実はその答えを見出そうとする
『変化の時期』だと考えられます。

たくさん悩んで、いろんな答えの中から
「自分の成長の元」を見つけ出せる本当に貴重な時間です。

逃げ出すことは、「成長の元」となる時間も
なくしてしまうことだから、
本当にもったいないと思います。

もう一つ、ある人の言葉を紹介します。

「いろいろな困難があっても
 志を失わず
 最後までやり遂げた人が、
 概して成功している。」


知らない人はいないと思いますが、
現在福岡ソフトバンクホークス球団取締役会長、王貞治さんの言葉です。

王さんがいうと本当に説得力がありますよね。

また、目標達成にむけて努力している途中で、
いつのまにか最終基準をどんどん低く設定してしまう人もいると思います。
私もそうした甘えや弱さをもってしまいがちです。

しかし当初の目標設定を低くしてしまって、仮に達成しても、
果たして「やり遂げた」「成功した」といえるのでしょうか?

甘く設定し直した目標に到達しても、「やり遂げた」「成功した」など胸を張って言えません。
私は恥ずかしくて、その事柄を思い出したくないです。

どうせするなら、自分を恥じたくはないです。

迷って、少し立ち止まったとしても
最後には胸を張って、「成功した」と誇れるように
どんなことでも志を失わず、
最後までやり遂げられる人になりたいと思います。

皆さんは、どんな「自分」を振り返りたいですか?

お見苦しい文章だったとは思いますが
ここまで読んでいただき誠にありがとうございました!!


↓↓皆さんの一票が本当に励みになります!

↓↓一日一回愛を下さい(笑)!




『エムズスタッフの活動ブログ』
もぜひどうぞ!!

おつかれさまです★
今日もちょっぴりシャイな“さがわ”です。

初めてのリーダーズブログを書かせていただくにあたり、かなり悩んだのですが、先日、お世話になっている医師の方が和田秀樹さんという精神科医の方の本を紹介してくださいました。

その本を読み、『モチベーション』について考えさせられましたので、今回はそのことについて書かせていただきたいと思います。

エムズに所属していると、度々「モチベーションが上がる」と心から思うことがあります。

全体ミーティング、日頃の活動、リーダーズブログ、合宿、これらを通して皆さんもおそらく口に出さずとも思ったことがあるのではないでしょうか。
高いモチベーションを持つことはとてもすてきなことですよね。
やる気が出るのは勿論、表情も笑顔であることが多いと思います。

しかし、モチベーションは「意欲」「やる気」といった言葉に置き換えられることが多いですが「動機づけ」「目標意識」といった意味合いもあると和田さんはおっしゃっています。

例えば「仕事のモチベーションが高い人」というのは、単純に“やる気満々の人間”をさすのではなく、「自分の仕事に高い目標を掲げ、その実現に意欲を持ってぶつかる人」です。

「やる気」の先に、“何を見据えているか”が問題なのです。

ふくらんだ風船を放っておけば空気が抜けていくのと同様、ただ「やる気」だけを持っていても何もしなければモチベーションは低下していきます。
これではせっかくのチャンスが勿体ないですよね。

そこで“和田さんのアドバイス”の中から、「モチベーションを高く保つために大切なこと」をふたつをご紹介します。


 悒薀ぅ丱襪梁減澆鯊臉擇砲垢襦
自分を刺激してくれる人を意識したことが誰にでもあると思います。
同じ目標に向かい努力している仲間を常に意識し、本音をぶつけ合いお互いを高め合える関係を築くとモチベーションは上がる一方だと思います。
エムズには「よきライバル」が沢山居るはずです。
また、自分が仲間に「ライバル」と思われること程、しあわせなことはないのではないでしょうか。
ここで、ライバル探しの時に気をつけたいことは「自分より出来る人間」を煙たがらないことだと和田さんは書かれています。
「出来る人」を遠ざけてしまえばそれだけ自分のチャンスが減り、逃げや甘えに近づいてしまうはずです。
できる人に大いにもまれ、「自分はまだまだだな」と気付くことこそ努力する理由になり、モチベーションアップに近づくとわたしは思います。
自分を情けなく思ってしまうことも、反動にすることでプラスの 力に変えていきたいです。


◆悒織ぅ箸併間割を自分に課す』
モチベーションが下がっているときは、時間にルーズな感覚を持っています。
「この仕事の締め切りは週末だから今やる必要はない」
「テストは来週だから週末にまとめて勉強しよう」
という考えを抱くことがありますが、モチベーションが高いときは「今やろう」と考えます。
これが単純にその時の感情だけでの思い付きではとても残念なことですよね。
そこで、「自分の時間割をきちんと持つこと」でつねにタイトな時間割を意識することが大事になります。
目先の事だけでなく、そのあとに続く仕事や勉強、予定や計画を意識することは、「今」がのんびりした時間帯ではないということを気付かせてくれます。
大きな計画をつねに意識すると、否応なしにタイトな時間割をつくることができるのではないでしょうか。

いつでも「今日が勝負」です!

この言葉は和田さんの書かれている本の中でも、とくに印象に残りました。
つねに意識していたいです。


前述したように、モチベーションは目標意識のことでもあります。
モチベーションが高いというのは、高い目標を掲げてその実現をめざしている状態です。
わたしたちは今、冬のイベントを成功させるという大きな目標があります。その大きな目標を絶対に忘れないことが何よりも大切なことだと思います。


わたしは、もともとすごく人見知りで内向的な人間でした。
そんな自分を「アツくなりたい!!」と心底思わせてくれた、エムズシーという場所が本当に大好きです。

「さあ忙しくなるぞ」「がんばるぞ」こういった高揚感、モチベーションの上がったあの瞬間を忘れずに、そして「もう始まっているんだ」という気持ちをしっかりと持ち、高いモチベーションを以て、アツく皆さんと走っていきたいです。

読み難い文章だったと思いますが、
ここまで読んでくださって本当にありがとうございました。


↓↓皆さんの一票が本当に励みになります!

↓↓一日一回愛を下さい(笑)!




『エムズスタッフの活動ブログ』
もぜひどうぞ!!

こんにちわ!ゆかこです :)

夏休みがもう終わりましたが皆はどうすごしたのでしょうか?
私は3週間短期留学してきました!!

2週間“語学学校”に通って、残りの1週間は航空とホテル業界の体験をしてきました!

航空では実際にキャビンクルーがする事を体験したんですが、
特に避難する時が1番圧倒されました!
すごく体力がいるんですよね...

今の私には無理だ!!!笑


これでキャビンクルーは見た目だけじゃないってわかりました!!


最終日に5つ星ホテルに行きました!!
各部屋を見せてもらったりlunchを食べました!!(なんて贅沢..☆)

前の日にテーブルマナーを習っていたんですが、こんなホテルで働く人は評価が高い人だからすごいなって思いながら見てました!

今回で色々勉強になったんですが、こんな貴重な体験が出来て、今年参加してよかったなって思いました!

1歩踏み出す勇気!!

新しいことに挑戦するとき、最初は勇気がいるのかもしれません。

しかし、いろんな事にtryしたり、「1歩踏み出す」ことは、自分を成長させる上で本当に大切なことだと思います。

チャンスにもなるし、なにより楽しかったりもします。笑

何事にも積極的になりましょう!

きっと楽しいし、いろんなことが得られるきっかけになるように思います!!


↓↓皆さんの一票が本当に励みになります!

↓↓一日一回愛を下さい(笑)!




『エムズスタッフの活動ブログ』
もぜひどうぞ!!

お疲れさまです★
みんなのアイドル愛梨です\(^O^)/
お!痛い視線を感じる!(笑)

この間ある企業な方と話をして
素晴らしいお話を聞いたので
みなさんにも伝えたいと思います!


人は生きていく過程で、多くの人に出会います。
そんな中で、どんな人と付き合っていくかはとても大事なことです。
どんな人と付き合うべきか―

それは、視点の高い人です。

視点の高い人はより広い世界をみることができます。
そんな人と付き合って、話していくうちに、自分も広いものの見方ができるようになり、高い視点を手に入れることができます。

そして、さらに高い視点を持つ人に出会うことができます。
そうして、さらに広い世界がみれるようになります。
このように、視界の高い人と付き合うことで、
自分の視界も高めることができます。

ここで、大切なことがひとつあります。
そういった高い視点をもつ人と付き合っていきたいのなら、
自分自身がそれを求めていなければいけない
ということです。

みなさん「類は友を呼ぶ」という言葉はご存じですね?

そう、視点を高く持ちたいという人の周りには同じくそういった人が集まり、
逆に視点の低い人の周りには、視点の低い人しか集まらないのです。

だから、いつまでも自分のことばかり考えて、
ああだこうだと不満を言っているうちは、周りにもそんな人しか集まらず、
視界は高くなるどころか、低くなるばかりです。


逆に不運なことでも前向きに高い視点からものごとをみようとする人の周りには、視点の高い人があつまり、どんどん視点を高めていくことができます。

どっちを選ぶべきか、賢明な人なら迷わず後者を選びますよね。

エムズシーは高い視点を求める人の集団だと思っています。
みんなでお互いを高め会える集団でありたいですね!

長文読んで頂き、ありがとうございました★


↓↓皆さんの一票が本当に励みになります!

↓↓一日一回愛を下さい(笑)!




『エムズスタッフの活動ブログ』
もぜひどうぞ!!

こんにちは。先日の阿蘇合宿で、
心も体もオープンになってきましたよこです。笑

さて、今回、リーダーズブログで書かせて頂きます内容は、
今自分に一番足りないことで、それを戒める意味でも書きたいと思います。

テーマは「先のばしぐせ」です。

エムズで活動をしていると、先輩やリーダーから、
「この仕事やっといて」と、仕事を頼まれることは多いと思います。
それは、コピーをしたり、備品の買い出しに行ったり…
といったささいなことから、
企画書の制作やフリーペーパーの担当ページの制作など
頭を使って考えるものまで様々です。

そういった仕事を任されたとき、僕の経験上、直接は言っていなくても、
たいていの場合が「すぐにやれ」という意味であると思います。
でも、「別の仕事をしているので今言われても困る」という気持ちを持つかもしれませんが、「すぐにやる」しかないのです。
ではどうすればよいのでしょうか?

ここで、最近仁士さんや先輩方の話でよくお聞きするのが、
「優先順位をつける」ということです。

,海譴呂い泙垢阿笋蕕覆韻譴个覆蕕覆い海箸。
△い困譴笋蕕覆韻譴个覆蕕覆い世蹐Δ、
 いまは後まわしにしてもいいのではないか。
やらなければならないと思っていが、
 よく考えてみれば(自分が)やらなくてもよかった。


この3つに分けられると思います。
そして、今の自分の仕事を書きだしてみると、の「やらなければならないと思っていが、よく考えてみれば(自分が)やらなくてもよかった。」というものが、とても多かったです。
まずは、このの仕事をクリアにしていくだけでも、大分時間に余裕が生まれるのではないかと思います。

これから、冬のイベントまでとてもアツイ日々が続いていきますが、時間を有効に使って、いっぱい学んで、いっぱい遊べるようにがんばりましょう!


↓↓皆さんの一票が本当に励みになります!

↓↓一日一回愛を下さい(笑)!




『エムズスタッフの活動ブログ』
もぜひどうぞ!!

こんにちは(*^ー^)ノ
最近、夏の暑さで溶けそうなおだけん
ですヾ( ´ー`)

今回リーダーズブログを書くにあたって正直何を書こうか悩んだんですけど、“ゼミの教授”が話されたことについて書こうと思います。

今、会社が求めている資質の中に
「小さな気遣いができるかどうか」
というのがあるそうです。

そして、“たとえ高学歴であっても気遣いができなければ、あまり評価は良くない”
との教授のお話がありました。

そのゼミの講義時に教授が使われた素材に、「リッツカールトン」についての映像がありました。
リッツカールトンとは世界的に有名な高級ホテルでそこでは世界一のおもてなしが受けられるそうです。
そのために高級ホテルにも関わらず、リピーターになる人が多いのだそうです。

そのおもてなしの例として、例えばハワイに行く予定だったのに急に用事が入ったりして行けなくなったお客さんがいるとします。
そこでリッツカールトンでは、お客様とフロントでの会話の中から、本当はハワイに行く予定だったということを読み取り、それを元にサービスを行っていました。
その映像の中ではお客様の部屋を南国仕様に変えたり、また南国のムードを出すためのルームサービスを行ったりしていました。

少しの会話から得た情報からお客様が予想もしないようなサプライズを行うことにより、感動したお客様はリピーターになっていくというわけです。

実際僕もこの映像を見た後には、是非リッツカールトンに泊まってみたいと思いました。


こうした「気遣い」が出来ることって素敵なことだと思います。

しかし、「少しの気遣い」って簡単そうでかなり難しいことです。

自分もまだそういった気遣いがほとんどできていないと思うので、相手が今何をしてもらったら嬉しいのかなどということを瞬時に見抜き、少しの気遣いからできるようになりたいです。

多少意味の分からない部分もあったと思いますが、最後まで読んでいただきましてありがとうございました。


↓↓皆さんの一票が本当に励みになります!

↓↓一日一回愛を下さい(笑)!




『エムズスタッフの活動ブログ』
もぜひどうぞ!!

お疲れ様です★帰省中の愛梨ですっ(^^)
夏真っ盛りですね!!

私の地元鹿児島はさすが南国!
暑くて溶けそうです(><)

今日のリーダーズブログは
そんな南国鹿児島からお届けしますっ♪

それでは本題です!
私は今年でちょうど二十歳になります。(ちなみに誕生日は2月28日です笑)
二十歳ってひとつのくぎりですよね。
法的にも大人になるということですから…
二十歳になるということで私は最近よく大人とはなんであろうかを考えます。

冷静でいる、客観的でいる…『大人』のイメージって様々あると思います。
よく「あの人は大人だから」なんて言いますが、実際にはどういったことが大人なのかなんて、誰も分からないのかも知れません。

でも考えているうちに私なりの「大人とは?」
という問の答えに出逢いました。

それは「どれだけ他人のために動けるか」ということです。

人はたくさんの人に囲まれていきています。
両親のような家族だけでなく、先生や友達、恋人、近所の住人、街行く人…
そして、私たちは小さくまだ幼い頃、そういった周りの人達に守られながら、生きています。
そんな子供の頃は力もないし、自分を守るために精一杯です。

しかし、弱い子供も辛い経験、悲しい思い、そして幸せな経験、楽しい思い出を…様々なことを経験し、強くなっていきます。

そのうちに、自分のことだけでなく、周りの人のことも考えられるようになっていくのではないでしょうか。

私は、その過程を『大人になっていく』というのだと思います。

そして『大人』とは、力を見につけ、今まで守ってくれた人たちに恩返しできる人なのではないでしょうか。

今まで受けたたくさんの愛情に気付くことができ、その愛情をまた他に還元すれことができる人、とも言えるでしょう。

人は成長するにつれ強くなります。
それはたくさんの愛情を受けたから。
そしてたくさんの愛情を返すため。


「大人」は受けるだけでなく
与えることができるのです。


私はまだまだ周りに助けられてばかりで
自分のことで精一杯なところがあります。

でも二十歳を迎えるとき、真の大人になるために
少しでも周りのために動けるようになっていきたいです。

↓↓皆さんの一票が本当に励みになります!

↓↓一日一回愛を下さい(笑)!




『エムズスタッフの活動ブログ』
もぜひどうぞ!!

お疲れ様です!!
最近本当に熱いですねっ(>_<)
南国出身の私もバテぎみです(´Д`)
夏本番目前ですが、みなさん夏バテには注意しましょう!

さて、今回のリーダーズブログは、私が“困難に直面したときにいつも思うこと”についてです!

みなさんは、なんだか身の回りのことが全然上手くいかなくて、
もう無理!なんて思うことありませんか?
難しい問題にぶち当たって、解決策なんて見つからない!と思うこと、
誰だってあると思うんです。

人間は弱い生きものですから、困難の前から逃げ出してしまいたくなるものです。
私も困難に直面したとき、『私には無理だ』と弱気になってしまうときがあります。
でも、そんなときはいつも私はこう思うことにしているんです。

『壁は、越えられる人の前にしか現れない』

この言葉は私が叔母からもらった言葉です。
私が壁にぶち当たったとき、叔母に相談するといつもこう言われていました。

「人生の中で起こる困難や災難は全て神様から与えらるた贈り物なの。
 それを乗り越えたら、もっと強くなれるのよ。
 神様は越えられない壁を与えるような意地悪はしないのよ。」


この言葉を思い出すと、私は弱気な気持ちがなくなります。
だって、目の前にある壁は私なら越えられる、とう大前提のもとにあるんですから!

しかし、それは放っておいて解決できるわけではありません。
頭を動かし、体を動かし、解決のためには努力が必要です。

その過程で私たちは強くなっていくのです。

これからもたくさんの壁に直面し、弱気になったり、涙を流したりするかもしれません。
しかし、それは全て乗り越えられる壁です。

どんなに高い壁でも、決して諦めずに、あらゆる策を尽くせばきっと越えられるはずです。

そしてそれを越えたら『新しい自分』に出会えるはずです(^^)

長文を読んでいただきありがとうございました☆

↓↓皆さんの一票が本当に励みになります!

↓↓一日一回愛を下さい(笑)!




『エムズスタッフの活動ブログ』
もぜひどうぞ!!

みなさんこんにちは!
早いもので、イベントまで1週間をきりました。
梅雨なんかに負けずに、イベントまでアツク突っ走っていきましょう!

さて、今回は「自分の領域」というテーマについて書きたいと思います。

1年生から2年生、2年生から3年生へと、学年が上がるにつれて、
変わったことがいくつかあると思います。
「後輩から先輩になった」「責任が重くなった」…など様々かと思います。
では、なぜ先輩になると責任が重くなるのでしょうか?
それは、「自分の領域」が広がったからだと思います。

「自分の領域」って何?と思われるかもしれませんが、
僕の中では「自分に責任が伴う範囲」だと考えています。

例えば、1年前の今と同じ時期、初めてイベントの準備をしたとき、
僕は映像を担当させてもらいました。
先輩に割り振ってもらったところの映像だけをもくもくと制作していました。
あれから1年が経ち、僕は今、映像を作るという仕事だけではなく、
映像を担当しているメンバー全体の管理を任されています。
ちゃんと期限をきって、全体のスケジュールを管理しないと、
自分の映像が出来上がらなかったというだけの問題ではなく、
イベント全体として、失敗してしまいます。

ここから僕は、先輩として管理する立場になると、
自分が目標に向かって一生懸命頑張ること以上に、
後輩に「目標を与えること」が大切だと気が付きました。


リーダーとして、先輩としての仕事というのは、
後輩が持っている力を全て出して、
精一杯がんばれる環境を作ることではいかと思います。

自分はまだまだ全然できていませんが、このイベントを通して、
上級生のみんながこのような意識をもってがんばれたらと思います。

イベントまでの残りの時間、みんなで一緒に最高のイベントを作っていきましょう!!!

最後まで読んで頂いて、ありがとうございました。


↓↓皆さんの一票が本当に励みになります!

↓↓一日一回愛を下さい(笑)!




『エムズスタッフの活動ブログ』
もぜひどうぞ!!

こんにちは!
初めてリーダーズブログを書かせてもらいます、福本華加です\(^_^)/

わたしには大好きな俳優がいます!!
それは、水島ヒロさんです。
水島ヒロさんはかっこいいだけではなく、
小学校・中学校・高校とサッカーを続け、
全国大会で優秀な成績をおさめています!!

ある番組で水嶋ヒロさんはこんな質問をされていました。

『なんでそんなにかっこ良くて、スポーツもできて、
 何でもこなせるんですか?』


すると水嶋ヒロさんはこう答えました。

『寝る間を惜しんで惜しんで、
 自分のためになることを
 精一杯しているだけです!』


この言葉を聴いたとき、
『かっこいいことには理由があり、
 すごいと思える人ほど努力をしている』

んだということに、改めて気づかされました。

苦しくても努力を続けることは大事!
それはみなさんもわかっていることだと思います。

しかし、1人で努力し続けていくことは、実はかなり難しいことです。

そんなときに『仲間』の存在があるのだと思います。

“お互いに支えられる仲間”の存在、それが大きな力になります。

きっと水嶋さんにも、たくさんの仲間やチームメイトの存在があって、
今の水嶋さんがあるのだと思います

そして、エムズシーには努力をし続けている仲間がたくさんいます!
そんな仲間にいつも支えられています。

大変なこともありますが、自分がしなければいけないことに一生懸命取り組んで、
私もみんなを支えられる存在になれるよう頑張ろうと思います。

頑張ってる人をわたしは全力で応援したいです。


↓↓皆さんの一票が本当に励みになります!

↓↓一日一回愛を下さい(笑)!




『エムズスタッフの活動ブログ』
もぜひどうぞ!!

お疲れさまです(^^)

最近学生というと驚かれてしまう19歳、愛梨です( '_ゝ`)
学生…というか私まだ十代です(涙)

突然ですが、みなさん!
自分のこと好きですか?
「私、自分のこと大好きよ!」なんて
言える人は珍しいと思います。

では、さらに質問です。
誰かに愛されたいと思いますか?
これは「イエス」と答える人がほとんどでしょう。

人間は誰もが大なり小なり「愛されたい」と思っているはずです。

でも、“愛”って難しいもので、目に見ることができない。
感じるものだからです。


“愛”を感じるとき、人は安心し、穏やかで、優しい気持ちになります。

逆に“愛”を感じられないときは、とても不安定で卑しく疑い深くなってしまいます。

誰からも愛されていない人間なんてめったにいません。
しかし、自分は愛されていると自覚できる人間も多くないと思うのです。

それはなぜか。自分が自分を愛せていないから。
自分の悪いところ、汚いところ、弱いところ。
自分のことだから、嫌でも分かってしまいますよね。
「そんな自分は愛されるはずがない」
そんな気持ちが周りからの愛を感じることを邪魔するのです。

改善策はひとつ。
まず自分で自分のことを愛してあげましょう。
これは、自分の悪いところを開き直ることではありません。

今の自分を認めて、いいところも見てあげること。

「いいところなんてないよ」
って思う人。
じゃあ、いいところを作りましょう。
たとえば「絶対に遅刻をしない」「敬語を上手に使える」なんて、小さいことでもいいから、自分で自分を好きになれる要素をつくるんです。

いいところを見つけられた人は素敵ですね。
では、悪いところは?
その悪いところを直せば、もっともっと素敵な自分になれます。

自分で愛せるような自分になれば、自信が出て、周りの愛も感じやすくなるし、愛してくれる人も増えるでしょう。

自己嫌悪に陥ったり、愛されていないと嘆くより、愛される自分になる努力をするほうが、心もずっと気持ちがいいと思います。

周りからも自分からも愛される人間に、自分を育てましょう。
これも自分を愛することのひとつ。

人に愛されるには、自分に愛されることが大事なのではないでしょうか。


↓↓皆さんの一票が本当に励みになります!

↓↓一日一回愛を下さい(笑)!




『エムズスタッフの活動ブログ』
もぜひどうぞ!!

こんにちは!2年生の未来です!
初めてリーダーズブログを書かせていただきます(^^)
最近は後輩もできて、楽しい毎日を過ごしています(^^)

さて、今回は私が昔出会った素敵な言葉を紹介したいと思います!

『努力の上に花が咲く』

この言葉は、中村学園の創始者、中村ハルさんの言葉で、中村学園の校訓となっています。

中村ハルさんは、「女性なりとも大いに勉強して、男子訓導以上の力を持つようになってみせるぞ」と、朝は必ず5時には起き、登校前2時間は教育に関する書物を勉強し、夜はたいてい12時か1時までの勉強をしていたそうです。

中村ハルさんはこうした努力を重ね、自分に自信を持っていたそうです。
まさに「努力の上に花が咲く」を実践していた方です。

何かに向かって努力をしていると、壁にぶち当たったり、つまずいたりすることがあると思います。
どんなに頑張っても結果が出ないときもあるかもしれません。

しかし、“花が咲く”というのは結果をだすことではないと思います。
努力をしても結果がでないこともあります。
では結果が出ないと、その努力は意味のないものでしょうか?
私はそうは思いません。
努力をすることで得るものは必ずあるはずです。
ここでいう“花”は、やり遂げたことで“得たもの”ではないでしょうか。

途中で努力することを辞めてしまうと、当然ですが、花は咲きません。

例え結果を残すことができなくても、何かを得ることができれば、その努力は決して無駄なことではありません。
それに、努力をしないと結果もついてきませんよね。
その努力はきっと自分自身にとって大きな財産になると思います。

大きなことでも、小さなことでも、“花”を咲かせることに意味があります。

これからたくさんの努力をして、たくさんの“花”を咲かせていきたいですね。

↓↓皆さんの一票が本当に励みになります!

↓↓一日一回愛を下さい(笑)!




『エムズスタッフの活動ブログ』
もぜひどうぞ!!

こんにちは!
エムズシーサブリーダーを努めさせていただいています(*´∀`*)
ますみです!

初めてリーダーズブログを書かせて頂くことになり緊張気味です。

いつもは変態と呼ばれ、てろーんな私
今日は少しだけ真面目な話をさせていただきたいとおもいます。

日本語日本文学ながら、文才はあまりありませんが
最後までお付き合いいただけると光栄です(・ω・)

私は昨年の9月後半からエムズシーにお世話になっていますが
この半年間たくさん大事なことを学ばさせていただきました。

実は?前まですっごい人見知りで
人にさほど興味を持たなかった私です。

しかし真剣にぶつかり合うスタッフの中で
人見知りも興味を持たないことも出来なくなりました。

「変わったね。」
と最近よく言われます。

私の大好きなアーティスト、
BUMP OF CHICKENのボーカル藤原基央さんの言葉でこういうものがあります。

『人を愛するって行為は
 全ての可能性の始まりだと思ってる。』


この言葉を聞いた時
私はやっとちゃんと
いろんな人を愛せたのかもしれない
と思いました。

それは沢山の人と関わるエムズシーで

沢山の人と繋がりをもち
人見知りがなくなり、
人に興味を持つことで

沢山の可能性を見つけることが出来たからです。

もちろん私が愛しただけでなく
皆さんが私を愛してくれたおかげで
今私には色々な可能性が転がっているんだとも思います。

このサークルと、この言葉で
こんなに大切なことを知ることがでぎました。

これからももっと
沢山の人を愛したいと思います。

皆さんも沢山の人を色々な愛しかたで愛してください。

その先にはきっとたくさんの可能性がまっていると思います。


お見苦しい文章だったとは思いますが
ここまで読んでいただきありがとうございました\(^O^)/

↓↓皆さんの一票が本当に励みになります!

↓↓一日一回愛を下さい(笑)!




『エムズスタッフの活動ブログ』
もぜひどうぞ!!

こんにちは。ゆかこです♪
最近遊びたい真っ盛りな気分なんですが〜〜*(笑)
皆さんはどうですか??

今回初めてリーダーズブログを書かせてもらいます!!
文章苦手なので、内容が解かりづらかったらごめんなさい。


今回は、授業で聞いた中村久子さんのことを書こうと思います。
ちょっと暗い話になるかもしれませんが…。

彼女は3歳の時に突発性脱(?)という病気になり、両手両足を膝より切断しました。
(彼女が死ななかったのは奇跡です)
7歳の時に父が死んで母子一人になりましたが、母が再婚し、それから厳しいしつけを受けるようになります.
なぜなら母がいなくなった時、1人で生活できるように、とあえて厳しくしたのです。
(学校も行っておらず、偏見もあり、友達はお人形さんだけだったそうです)
しかし借金が重なり、20歳の時、久子さんはとうとう見世物小屋に売られてしました。
そこでの生活はひどいものだったし、母を憎んでいました。
ただ、母が教えてくれた色々なことがとても役に立っていたのも事実です。
そして彼女が22歳の時、ある1通の手紙が届きました。
それは母の死亡通知でした。
その時初めて1番愛し、自分のためにつくしてくれていたのは母だったんだ!という事に気づいたそうです。

そして久子さんも結婚し、子供を得ましたが、すぐに夫が死亡。
そしてまた再婚し子供を得ましたが、またすぐに夫が死亡。
ただ幸運なことに、子供たちは五体満足でした。

・・・私たちはそんな不幸を味わったことがありますか??
そして、親という存在の偉大さにに気づいたことがありますか??

久子さんが32歳の時、座古愛子さんという方に出会いました。
彼女は31年間寝たきりでしたが、その状態で仕事をしていました。
結婚もせず、一人貧困と病気と戦っているのにも関わらず、
彼女は“誰一人恨むどころか、感謝の日々”を送っていました。
その姿を見た久子さんはショックを受けました。
そして私たちは“生きているのではなく、生かされている”ということが心に響いてきたそうです。

・・・私たちは毎日感謝の日々を送ってますか??

“誰1人恨むどころか感謝の日々”を送ることができますか??


久子さんが41歳の時ヘレンケラーと対面しました。
ヘレンは彼女の体をなで、手足がないとわかると体をよせて涙し、
「私より不幸な人。私より偉大な人」と言ったそうです。

久子さんが66歳の時、こう言っています。
「私を温かくいたわり、時には冷たくしてくださった方々、
 私を軽蔑し、私を酷使した方々でさえ、
 今になって思えば、私という人間をつくりあげるために、
 力を貸してくださった方々だとそう感じているのです。」

と。

・・・私たちはこんな風に思えるのでしょうか・・・??
私たちが思っている不幸は、とるにたらないもののように思えました。

私は今まで何度も不幸だと思ったことがあります。
でも久子さんの生涯を知ったら、私が思う不幸は全然不幸じゃない、私はなんて甘えていたんだろうって思いました。

私たちは五体満足です。
何でも出来ます。
そのありがたさを忘れてはいけません。

だからこそ、元気で生きている時に、その時でしか出来ない、たくさんの事をしていきましょう!
後悔しないように。

そして常に”生きているのでなく生かされている”と思えるように考えましょう。
“自分が何のために生きているのか”、その「価値」は自分で見出すものだと思います。
私にはまだその価値はわかっていないけど、私にとってもみんなにとってもきっとわかる時がくると思います。

私達は幸せなんです。きっと。

めちゃくちゃな文章になってすみません。
最後まで読んでくれた方、ありがとうございました☆感謝します☆ 

↓↓皆さんの一票が本当に励みになります!

↓↓一日一回愛を下さい(笑)!



こんにちは!
最近、風邪が治って、気温の上昇とともに元気もあがってきているヨコです。
みなさんも体調管理には十分気をつけてください♪

さて、今回は「今」というテーマで書きたいと思います。

エムズシーに入ってもう1年が経ちましたが、毎日が充実しているせいか、
入部したのがつい昨日のことのように感じられます。
そしてこの1年間で、企業の方々や他の学生サークルの方々など、
本当にたくさんの人たちに出会うことができました。

そこで共通して感じたことがあります。
目標や夢に向かってがんばっている人は、
“「今」を一生懸命がんばっている”ということです。

では、なぜその人達は「今」を大切にしようとするのでしょうか?
それは、「夢」や「目標」とは漠然としたものではなく、
「期限」であり、「今」という時間の積み重ねであるからだと思います。
だからこそ、1日1日を大切にし、「今できること」ことを必死になって考えているのではないでしょうか。

僕の大好きな相田みつをさんの言葉に、

『あとじゃできねんだよなあ
 
 いまのことは

 いましかできぬ』


(相田みつを「にんげんだもの」より)

というものがあります。

今の環境・状況だからできること。
今の歳・年代だからできること。
大学生だからできること。
家族がいるからできること。
今生きているからできること。

ただのんびりと毎日を過ごすのではなく、“夢や目標を実現するための1日”だと考え、「今できること」をして1日の価値を高めることができれば、もっと充実した日々を過ごせるのではないかと思います。

これから夏が近づくにつれて、エムズの活動もますますアツクなってきますが、みんなで楽しくやっていきましょー!!!

↓↓皆さんの一票が本当に励みになります!

↓↓一日一回愛を下さい(笑)!




『エムズスタッフの活動ブログ』
もぜひどうぞ!!

おつかれさまです★
肩凝りと間接痛に悩まされる19歳、萩原愛梨です笑

そんなオバチャンまっしぐらな私の最近は、初々しく可愛らしい後輩達と毎日楽しく作業や仕事に励んでいます!

私を含め13期生は、この春たくさんの後輩を加え、初めて“先輩”になりました。
それにあたって、皆それぞれ考えることがあると思いますが、
今日は私は先輩になり、後輩ができたことで、
いっそう「強くなりたい」と思うようになりました。
それは守るべきものができたからだと思います。

1年生は、本当に素直で、やる気も向上心もある子達ばかりで、
私のほうが力をもらうことも度々あります。
(その成長にちょっと焦ることさえあります...笑)

その一年生の気持ちや熱意をこれからどう形にしていくかは、
彼ら自身だけでなく、先輩の私たち次第である部分が大きいと思います。

少し傲慢な言い方になるかもしれませんが、一年生はまだ分からないことが多いと思うので、先輩についていくことしかできないのです。
その素直で熱い気持ちを守っていけるかは、道を創る先輩次第ではないか、と思うのです。

では“守る”とはどういうことなのでしょうか。

彼らの気持ちに対し、常に誠実に一生懸命に応えること、
それだけだと私は思います。
しかし、応えるというのは想いや言葉だけでなく、行動でも示すべきです。

後輩はいつも先輩を見ています。
どんなに口では良いことを言っていても、行動が不一致では誠実とは言えないし、不安を与えてしまいます。
不平や不満、マイナスな言葉ばかりを発することも、頑張ろうとする気持ちに誠実に応えているとは言えませんね。

さらに言えば、1年生が何か学びたいというとき、その気持ちに応えてあげるためには、自分が教えてあげられるようにマスターするべきですね。

こうやって行動するとどうなるか、自分自身も成長することができます。

誰か守りたい、強くなりたい、という気持ちは人を成長させます。
(どこかで聴いた台詞…笑

いつも顧問の仁士さんもおっしゃっているように
「自分と自分の大好きな人を守れる力」を持った人になりたいです。

もちろん後輩だけでなく、今まで一緒に頑張ってきた同期も先輩も同じように大好きです。
そして、守りたいと思います。

そんな守りたいと思える人にたくさん出会えて、私はめちゃくちゃ幸せ者だと思います。
そして実際に守れるだけの力がついたら、もっと幸せです。考えただけでわくわくするし、頑張ろうと思えます。
そう考えられることも幸せです。

守るものと守りたいと思う心は強さと優しさを育み、それは幸せにつながるのではないでしょうか。

先輩はもちろん、みんなでエムズシーを守っていきたいですね。

長文を最後まで読んでいただいてありがとうございました。


↓↓皆さんの一票が本当に励みになります!

↓↓一日一回愛を下さい(笑)!




『エムズスタッフの活動ブログ』
もぜひどうぞ!!


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 『心が凹んだ時に読む本』   by久米咲希花
    かおり
  • 『心が凹んだ時に読む本』   by久米咲希花
    かなえ
  • 『心が凹んだ時に読む本』   by久米咲希花
    はなえ
  • 『心が凹んだ時に読む本』   by久米咲希花
    もも
  • 『見通す力』    by中垣佳織
    はなえ
  • 『見通す力』    by中垣佳織
    さきか
  • 『超訳 吉田松陰』   by芦塚花恵
    かなえ
  • 『超訳 吉田松陰』   by芦塚花恵
    かおり
  • 『超訳 吉田松陰』   by芦塚花恵
    もも
  • 『超訳 吉田松陰』   by芦塚花恵
    さきか

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM