※本日のリーダーズブログは、本日めでたくお誕生日を迎えられる
美菜先輩の2年生のときの初ブログをリメイクしてお送りします!
現在介護士として頑張っている美菜先輩の初々しいメッセージを
お楽しみ下さい♪※


さてさて…初めてのリーダーズブログ。
凄く緊張して何を書こうか迷ったのですが、今回は私が先輩として
新入生のみんなに今一番伝えたいことを書かせていただくことにしました☆
以前スピーチで話したこともあるので、聞いたことある人はすみません(><)

私は以前『強くなりたい』と凄く願っていた時期がありました。
どうすれば強くなれるのか…
何が自分を強くしてくれるのか…
毎日悩み考えました。
そして自分なりに見付けた答えが、

『大切な人のために頑張ったときに、
 人は強くなれる』


ということでした。

アンパンマンやスパイダーマン、みんなのヒーローと言われている人たちは皆、自分の町の人や友達、大切な人を守るために戦っています。

みなさんの『大切な人』は誰ですか?
家族や友達・好きな人・先輩や後輩、あるいは自分という人もいるでしょう。
しかし、“自分のため”にするのと、“大切な人のため”にするのとでは、
「責任の重さ」が違います。
私の場合、自分のためにしようとすると、自分がもういいやと思ったらそれで終わってしまい、頑張ろうという気持ちが長続きしません。
責任がないからです。
だから弱いのかなと思います。
でも、大切な人のためにすると、どんなに辛くても、そこでやめようとする自分を引き止めてくれる「何か」があります。
きっとそれは相手を想う気持ちであり、守りたいという強い気持ちであると思います。
そしてその気持ちが「責任感」へと変わっていっているのではないでしょうか。

私が守りたいと思うのは、「大切な人の笑顔」です。
なぜなら、大切な人の笑顔は私に元気と勇気をくれ、自分も笑顔になれるからです。

そう…結局『人のため』にしたことは『自分のため』になり、
『人のために頑張ったこと』は『自分の力』となって
自分に返ってくるのです。
そのようにして人は強くなっていくのかなと私は思います。

エムズには守りたいと思う仲間がたくさんいます☆
顧問の仁士さんがよく

『人に好かれようと思ったら、
 まずは自分がその人のことを好きになること』


とお話してますが、これは本当に凄く大切なことだと思います。
自分が仲間を大切に想い守ろうとすれば、自分が辛いとき苦しいとき、
今度はその仲間が必ず自分を守ってくれます。

エムズではこれから夏の営業も始まり、大変な日々が続くかもしれませんが、皆で大切な仲間のために一緒に楽しく頑張っていきましょう!!(^▽^)


最後に私が大好きな言葉を紹介します☆

誰かをうらやんでも

その誰かにはなれないんだから

もっともっと自分自心を磨いて

もっともっと自分自信を磨いて

誰にも負けない

誰にも真似できない

心に華のある人になれ


素敵な女性目指して頑張ります(*^^*)ノ
最後まで読んでくれてありがとうございました(>□<)☆

minakana

↓↓皆さんの一票が本当に励みになります!

↓↓一日一回愛を下さい(笑)!




『エムズスタッフの活動ブログ』
もぜひどうぞ!!

こんにちは☆久し振りにリーダーズブログを書かせて頂く美菜です(^^)

もう昨年のこととなりましたが、09/12/12のキャンパスクイーンコレクションに来て頂いた皆さん、ご協力頂いたたくさんの企業様、学生の方々、そして仁士さん、尚子、スタッフのみんな、本当にありがとうございました!!

CQCで引退させて頂いた時に、Zeppのステージ上からみた“たくさんの笑顔”は今でも忘れられません!!
本当にありがとうございました!!

では、ここから本題へ入らせて頂きます☆
今回は「経験」をテーマに書こうと思います。

いきなりですが、皆さんは、今までの人生でどんなことを経験してきましたか?
"今まで"だと少し長いので、現在大学生の方は大学生になってから、社会人の方は社会人になってから、何を経験しましたか?
そしてそこから何を学びましたか?

私は、大学生になってアルバイトをすることで、お金の大切さや毎日私たちのために働いてくれている両親の凄さ、偉大さに気付かされ、今の自分が在るのは“両親のおかげ”だと心から思うことができるようになりました。

またエムズシーに入り、たくさんの仲間と営業やイベントを通し、楽しさや感動、そして時には辛さ、悔しさを経験することで、自分の弱さ、友人の強さ、仲間の大切さ、関わってくれている全ての方々への感謝の気持ちなど本当に多くのことに気付き、学ぶことができました。

そして、引退をさせてもらった今、
「仲間と一緒に過ごした日々の大切さ」を何よりも実感させられています。

それから、私は人生で一度、ものすごく辛い時期を経験しました。

でも、その辛さを経験したことで、自分には支えてくれている人がたくさんいるという幸せに気付くことができました。
そして、それと同時に、自分の周りの人たちが同じように辛いとき、その気持ちを心から分かってあげられていなかった自分にも気付かされました。

このように、みなさんもそれぞれの「経験」から様々なことを学ばれているのではないでしょうか。

一つの経験を通して何を感じるかは、人それぞれだと思います。
でも、私は、人間は経験しないとわからない、気付かないことが絶対にあると思います。
もし、今あなたが何かにチャレンジしようとしているのなら、私は、迷わずにチャレンジして欲しいです。
チャレンジしたことで感じる辛さや苦しさ、嬉しさや喜びからは必ず得るものがあり、あなた自身の心の成長へとつながると思います。

最後に、私が悩んだときや何かにチャレンジしようとするときに勇気をもらう恩師からの言葉を紹介します。

「やってしまったことよりも、
 やらなかったことの方が後悔が大きい」


これも、きっと先生の「経験」から生まれた言葉だと思います。
これからたくさんのことを経験して、経験によって生まれた自分なりの言葉や文章で、みんなに大切なことを伝えていけたら素敵ですよね☆

私も、まずはこれからの就職活動で、自分が学生生活で経験してきたこと、またそこから何を学んだかを自分の言葉で、自信を持って伝えられるように頑張ります!

長文読んでいただきありがとうございます(^^)!


↓↓皆さんの一票が本当に励みになります!

↓↓一日一回愛を下さい(笑)!




『エムズスタッフの活動ブログ』
もぜひどうぞ!!

こんにちは★
久し振りのリーダーズブログのしょーこです。
寒いですね〜、信じられないくらいに、、、
でも来週は、3月並みの暖かさらしいですよ。
寒暖の差が激しいので、風邪をひかないようにしたいですね。

さて本日は1月16日。
12月12日のキャンパスクイーンコレクションから1から1か月と4日経ちました。
もっと大昔のように感じますが、、、(笑)
CQCでお世話になった方々、本当にありがとうございました。
私も含め、エムズシーはこのイベントで本当にいろんな事を学ぶことができました。
新しいエムズシーのスタートとでもいいましょうか、大きなきっかけになりました。

前置きが長くなりましたが、本題に入ります。
先のCQCで引退をすることができた私ですが、待ち受けていたのは“就職活動”でした。
就職氷河期といわれる昨今、「心して臨むように」と言われます。
ただ、これをしたい、この会社に入りたい、という具体的な目標が定まらない私は、
何から手をつけたらいいのかわからず、迷い、戸惑いの繰り返しです。

そんな中『志』という本に出会いました。
歴史上やスポーツ界の偉人たちの「志」に関する言葉が記された本です。
そこから、今の私への戒めのような言葉を見つけたので紹介します。

路行かざれば至らず
事為さざれば成らず

(道を進まなければ、目的地には辿り着かない
 事を始めなければ、終わることはない)

     吉野作造/大正デモクラシーを唱えた政治学者

何かを成し遂げよう、と思うならどんなに小さくても一歩踏みださなければならないのです。
私は、考えすぎる傾向があるようです。
何をすべきか考えすぎて結論が出たときには疲れ切ってしまいます。
しかし、その実一歩も進んでいません。
“0”か“1”かでは天と地の差ほどもあります。

わからなければ知っている人に聞けばいい。
肝に銘じて、活動していきます。

そしてもう一つ。
「志」が立ったあとに、忘れたくないこと。

 下足番を命じられたら
 日本一の下足番になってみろ
 そうしたら 誰も君を下足番にしてはおかぬ

     小林一三/宝塚少女歌劇・東宝映画を創設、
            又数々の社長を歴任、閣僚経験もある実業家

自ら決めた路。
プライドを持ってやり遂げたいものです。

私と同じように就職活動中のみなさん、
今日、役員改選に出たみんな、彼らと一緒に活動するエムズシースタッフ、
又新年を迎えて新たな「志」に向かっているみなさんに
少しでも参考になれば、と思います。

長文読んでいただき、ありがとうございます。



↓↓皆さんの一票が本当に励みになります!

↓↓一日一回愛を下さい(笑)!




『エムズスタッフの活動ブログ』
もぜひどうぞ!!

こんにちは。
寒かったり暑かったり、最近は天気が不安定ですね。
新型インフルエンザも流行ってますし、みなさん体調に気をつけましょう。

さて、今日は11月12日。
12月12日のイベントまで、ちょうど一ヶ月となってしまいました。
時が経つのは早いですね〜
引退まで100日前、というリーダーズブログを書いたのがついこの間のことのようです。


今回は、前にリーダーズブログやスピーチで話した内容で、
皆さんに改めて紹介したい言葉を書きたいと思います。

『十人十色』
有名な言葉ですね。みんな違ってみんないい。
個性を尊重する言葉です。

しかし、今回私が紹介したいのは、この言葉ではありません。

『十人一色』です。

変に聞こえますよね。
これは、私が中学校のときに部活のコーチの言葉です。

私は、吹奏楽部でマーチングをしていました。
マーチングは、団体競技でみんなの意気が合わないと成り立たないものです。
大会前の練習で、みんなの足並みが揃っていないときにコーチがこの言葉を話してくれました。

ーーマーチングはみんながひとつになることが目標です。
  金賞が獲りたいのならば、みんなでひとつの色を作ってください。


エムズの活動を始めて、よくこの言葉を思い出します。
みんなが自分のことより、周りの人のことを考えて活動するからです。
みんなでひとつのものを創りあげよう、という気満々だからです。

もう皆さん、耳にタコかもしれませんが、
エムズは、上っ面だけではない「仲間の大切さ」に気づける環境だと思います。
本当にステキなことですね★

イベントまで、30日。
「成功」という目標に向かって、この45人で“エムズシーの色”を創りましょう!!!

最後に、新しい言葉を紹介します。
有名なボクサー、モハメド・アリさんの言葉です。

他人に貢献することは、この地球でのあなたの居場所に払う家賃である。

損得を考えないで、周りの人にどれだけ貢献できますか?

最後まで読んでいただいてありがとうございました。


↓↓皆さんの一票が本当に励みになります!

↓↓一日一回愛を下さい(笑)!




『エムズスタッフの活動ブログ』
もぜひどうぞ!!

こんにちは☆

最近、朝夕めっきり涼しくなりましたね。
季節の変わり目なので風邪に気をつけましょー!!!

今日は9月3日、冬イベントまでジャスト100日となりました!
つまり、私とみなの引退まで、100日です。
ということで、今回、私がリーダーズブログを書かせていただくことになりました。

今回は“夢”について考えたいと思います。
みなさん、夢はありますか?
それぞれ、この職業に就きたいとか、この会社に入りたい、お嫁さんになりたいなどあると思います。
部活をしている人は大会で優勝する、などあるかもしれません。

「ひとりで見る夢は夢でしかない。
 しかし、誰かと見る夢は現実だ」


これは、ジョン・レノンの奥さん、オノ・ヨーコの言葉です。

人間はそんなに強くありません。
ひとりで夢を追っていると、
困難にぶち当たったときに、甘えてしまいます。
誰にも気づかれずに、逃げることもできます。

でも、夢を誰かと共有していたら、一緒に頑張ることができます。
夢に対する可能性も二人分、三人分と増えていきます。
つまり、夢が現実に近づきます。
何より、一緒にやっている“この人のために”という強い気持ちになることができます。


私には、夢があります。
就活目前にも関わらず、なりたい仕事はわかりませんが、、、
私の夢は、前述した冬のイベントを成功させることです!!!
そして、私にはこの夢を一緒に目指してくれる仲間がいます。
今までにない大きなイベントで、初めてのことや難しいことが多いですが、
毎日楽しく活動できるのも、この仲間のおかげです。

引退まで残り100日ということで、
最近よく、エムズに入ってから今までを思い返します。
今まで関わってくれた、すべてのひとに、感謝するばかりです。

いろいろなことを教えて下さったり、相談にのってくださった先輩達。
こんな私についてきてくれる、かわいいかわいい後輩たち。
次のイベントのために関わってくださる、多くの企業の方々。
にしさんには、感謝してもしきれません。
そして、みな。みながいるから、私は頑張れます。

みなさん、本当にありがとうございます。

そして、今私と一緒に夢を見てくれているみんな、
ありがとう。

残り100日、突っ走っていきます!!!


↓↓皆さんの一票が本当に励みになります!

↓↓一日一回愛を下さい(笑)!




『エムズスタッフの活動ブログ』
もぜひどうぞ!!

こんにちは☆
みなです(^∪^)

みなさん、テストは無事乗り越えられましたか??(^^)
まだ終わっていない大学もあるみたいなので、頑張ってください!!

ではでは本題へ。

次のことは、ある本にかかれていたことです。

「毎日使う言葉が"あなた"を創っている」

この本の作者は、昔アナウンサーをされていたそうです。
そして、アナウンサーにとって言葉は商売道具。
その道具をとり扱ううちに、彼は言葉のむなしさも魅力もわかってきた、と話しています。

「むなしい言葉」とは、相手を傷つける武器として使われた言葉。
口にしないほうがよかったと思うような言葉。
たぶんみなさんも、言葉の暴力で傷付いた経験があると思います。

逆に、「魅力のある言葉」とは、愛を運ぶ道具として使われた言葉。
自分や人を幸せにするような尊い言葉です。
みなさんも、そういう言葉に癒された経験もあるでしょう。

言葉は、単なる伝達手段ではありません。
それ以上の"言葉そのものが持つ威力"を秘めています。
自分を創りあげる力や、運を引き寄せる力です。

私たちは、なにかしてもらったら"お礼"をいうのは当たり前です。
では、困難や災難にあったとき、あなたは「ありがとう」といえますか?

「何でこんなときに」や「何でわたしが」と言ってしまう人が多いのではないでしょうか。
私も、「なんで、どうして、もう嫌」と思ってしまいます。
でも、そんなときにネガティブな言葉ではなくポジティブに 「ありがとう」と言えたら素敵ですよね☆

「ありがとう」を漢字にすると「有難う」になります。
語源は、めったにないありがたし(有難し)ということだそうですが、「難が有る」とかいてありがとうと読むことに、私は別の意味を感じます。

人間は、困難を乗り越えようとするときに、多くを学んで躍進します。
そうやって自分を磨いていくことが、人間に生まれた最大の使命なのかもしれません。
だから、私たちが人間として成長を遂げたいと願えば、災難はまたとないチャンスにもなるんですね(^^)

だから、人生でたいへんな事態に陥ったら、「今、自分にはこの問題を乗り切る力が与えられたんだ」と考え、「有難う。ありがとう。」と言ってみましょう☆
なんだか、運も味方してくれそうですね♪

このように、自分が日々口にする言葉の影響を、自分自身が受けないはずがありません。
みなさんも是非、吟味して言葉を使ってみてください。

あなたは、普段どんな"言葉"を使っていますか?

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!!


↓↓皆さんの一票が本当に励みになります!

↓↓一日一回愛を下さい(笑)!




『エムズスタッフの活動ブログ』
もぜひどうぞ!!

先日、第8代エムズシー代表に承認して頂きました、岩永尚子です。
気を引き締めて活動していく所存ですので、よろしくお願いします。

さて本題です。

突然ですが、先週大学の学科の教授が亡くなられました。
享年53歳、心筋梗塞だったそうで、突然の出来事でした。
その数日前に学校であいさつしたばかりで、本当に驚いて
知らせを聞いてからは、涙が止まりませんでした。

数日後、教授がキリスト教だったこともあり、教会で執り行われる祈祷会(お通夜にあたる)というものに参加させて頂きました。

そこで、教授の奥さんの挨拶の中で、
「神がなぜ、私達にこのような試練を与えられたのか
 今はまだ理解できませんが…」

とありました。

それを聞いて、私も同じことを思ったことがある、と思いだしました。

実は私も、突然大切な人を亡くした経験があります。
高校2年生の冬でした。
こんなに悲しいことが起こるのか、と信じられないくらい悲しくて、
理解できませんでした。

ただ、誰かが亡くなる時に共通に思うことは、
時間は有限だということです。

生きていると、“今日”が明日も明後日も10年後も
ずうっと、ずうーっと続いていくような気がします。

でも、そうじゃない。
突然未来がなくなることは、
私にも、あなたにも十分ありうることです。

「今」は英語でpresentです。
(少し前のリーダーズブログにもありましたが 笑)

神が与える試練についてはまだ上手く理解できない私ですが、
この“贈り物”には本当に感謝します。

presentは“今”という時間だけではなく、
それと共に与えられた様々なチャンス、出会いも
含んでいるんだと思います。
素敵なプレゼント、大事に大事にしたいですよね★

時間は前に進み続けるだけです。
引退まで残り130日という贈り物、大切にして
私も前にだけ進み続けたいと思います。

最後まで読んで頂きましてありがとうございました!!!

↓↓皆さんの一票が本当に励みになります!

↓↓一日一回愛を下さい(笑)!




『エムズスタッフの活動ブログ』
もぜひどうぞ!!

みなさんこんにちは、夏ですねー!!
暑い日が続いていますが体調は大丈夫ですか?
水分補給をこまめして、熱中症などに気をつけましょう。

ここで豆知識ですが、水分補給には「きゅうり」がおすすめです。
きゅうりは全体の90%以上が水分で、水分補給を助ける栄養素も入っているので効率よく水分が補給できます。


それでは本題に入ります。
今読んでいる本のなかにこんな言葉がありました。

「“忠告してくれる人”の数が人間性のバロメーター」

人はだれでも、失敗もあれば、気づかないこともあります。
そんな時に忠告してくれる人があなたにはいますか?
忠告してくれる人がいれば、それはとてもありがたいことです。
忠告によってあなたは、より大きな失敗を回避でき、人格形成にもプラスになります。

忠告には非常に大きな力がありますが、言われた方は『抵抗感』をもちやすいものです。
しかし、それでも忠告してくれるのは『愛情』があるからです。

では忠告を受けた方はどうすればいいでしょうか?

,發Π貪擔爾考えてみる。
 今まで見えなかったものが見えてくるかもしれません。
∪嫻い魏麋鬚靴覆ぁ
 「でも」「だって」などの言い訳は禁句です。
6がりは言わない。
 「それくらい」「大丈夫」などの言葉で開き直らない。
ご蕎霤にならない。
 怒ったり、落ち込んだりしない。


最後にフランスの哲学者『アラン』の言葉を紹介します。

「臆病な上司をもつことは恐ろしいことである」

忠告してくれる人の数を増やしていき、人間力を鍛えていきましょう。


↓↓皆さんの一票が本当に励みになります!

↓↓一日一回愛を下さい(笑)!




『エムズスタッフの活動ブログ』
もぜひどうぞ!!

※皆既日食に沸く7月22日!!本日のリーダーズブログもリメイク版です!!
 みんなで“できる人”を目指しましょう!!※



こんにちゎ!!みんなのアイドルMarinaです(*>∪<*)笑
試験も始まり、夏休みも間近です...。
楽しい夏休みのためにも、単位を落とさないように頑張りましょう鷯


今回は、私が個人的に『できる人間になりたい!!』と望んでいるため、
“できる人間の法則”を紹介します(笑)。

できる人間の『ABCDの法則』

A当たり前のことを

Bバカにしないで

Cちゃんとやるのが

Dできる人


私はこれをみて、すごく納得しました。

当たり前のことっていうのは、例えば『呼ばれたら返事をする』とか、『先輩にあったら挨拶をする』とか・・・。
ただ、きっとほとんどの人が『私はしてます!!』って胸を張っては言えないように思います。

でも、今あなたが尊敬する人のことを思い浮かべてみてください。

当たり前のことを当たり前にこなしていませんか?

少なくとも私が思い浮かべた先輩は、必ず返事をし、挨拶をします。

本当に小さなことだけど、その小さなこともできない人に、
大きな偉業は成し遂げられませんよね。

小さな動作ひとつでも、任された単純な仕事でも、
当たり前のことをバカにしないでちゃんとやる。
それがあなたの誠実な人柄として相手に伝わり、
相手の信頼を獲得することになっていくのです。


みなさんも今の自分を見直して、尊敬する先輩に一歩でも近づけるように頑張りましょう!!
昨日よりも成長した自分に出会うために(*^∪^*)☆


↓↓皆さんの一票が本当に励みになります!

↓↓一日一回愛を下さい(笑)!




『エムズスタッフの活動ブログ』
もぜひどうぞ!!

※本日のリーダーズブログは2008年4月UP分のリメイク版です!!※

初めてリーダーズブログを書かせていただきます、美波です。

先日学校で、主に3年生を対象とした「就職ガイダンス」に参加しました。
その中で心に残ったことがあったので、それを書きたいと思います。

企業の方が、私たち学生にある質問をしました。

「もしもあなたの銀行口座に毎朝86400円振り込まれていたら、どう使いますか?
 しかし次の日の朝には使い切らなかったお金は無くなってしまい、また新しく86400円が振り込まれます。」


私は、“貯金できないなら、もったいないから毎日すべて使い切るようにしたい”と考えました。
同じように考えた人はたくさんいると思います。

この「86400」……。

これは、1日の秒数をお金に例えた数字でした。

私たちはみんな、毎日86400秒の時間が与えられています。
ただし、うまく使い切らなかった時間はなくなってしまい、過去に遡ることはできません。

お金だったら無駄なく使い切りたいと思うのに、与えられていることが当たり前になりすぎていて、時間の大切さに気付いていなかったんだと考えさせられました。

「今」という瞬間は、全ての人に平等に与えられているものです。

だから、「今」って英語で“present”というそうです!

ステキな言葉ですよね☆

私たちは毎日『プレゼント』をもらっているんです。

そう考えると、だらだらと過ごした日や無駄にしてきた時間がとてももったいないものに思えてきますよね。

毎日を、そして一瞬一瞬を大切に過ごしていきたいものですね☆

↓↓皆さんの一票が本当に励みになります!

↓↓一日一回愛を下さい(笑)!


こんにちは☆みなです(^^)
皆さん、夏イベント「装体性理論」お疲れ様でした!!
来てくださった方々、関わってくださった皆様、本当にありがとうございました(><)!!

さて、イベントも終わりたくさんの課題が見つかった私ですが(^^;)
みなさんは、奈落の底に突き落とされたような気持ちになったことはありますか?
「簡単には立ち直れないんじゃないか」
「もっとひどくなったらどうしよう」

と悪い想像が頭をかけめぐって、恐怖の海でおぼれそうになったことはありますか?

失恋したとき、仕事に失敗したとき、受験に失敗したときなど、誰しも一度は経験したことがあると思います。

でも、もしそんな最悪の状況にいてもあせらないでください。
あなたがつらくなるのは、追い討ちをかけるような悪い想像ばかりするからです。
かといって、落ち込んでいるときにいい想像なんてなかなかできないですよね。
だから、そんなときは「落ち込んでる今の地点が出発点」 と心の中で何度も唱えましょう!

人の人生には、最初から「最高」と「最低」がつまっていると私は思います。
自分が「最低!」と感じたときは、今が成長するときだと思い、「最高!」と思ったときは、最低を乗り越えたごほうびだと思いましょう☆

最悪の下はないから、あとは上がっていくだけです。
落ち込んでいるときの気持ちは、人間がしゃがみ込んでいる状態とまるで同じです。
もし、長い時間しゃがみ込んでいたら、私たちはどうしても立ち上がりたくなりますよね?
ガマンにガマンをして力を溜めている...きっとそれが最悪の状態なんです。私たちの心は、再スタートする"ジャンプのとき"をまっています!!

苦あってこその人生、
むしろその苦、辛さを自分が成長する"チャンス"に変えてやる!!
くらいの気持ちで、人生歩んでいきたいですね(^^)☆

素敵な仲間、素敵な笑顔、私たちの周りには最低を最高に変えてしまうくらいの素敵な要素がたくさんあります。

辛いとき、キツイときこそ笑顔を忘れずに、楽しい毎日を過ごしていきましょう!!

最後まで読んで頂きありがとうございました(><)☆


↓↓皆さんの一票が本当に励みになります!

↓↓一日一回愛を下さい(笑)!




『エムズスタッフの活動ブログ』
もぜひどうぞ!!

こんにちは★
夏のイベント「装体性理論〜E=mc2」まで残り僅かということで、
毎日アツイ!日々を送っているしょーこです。
ただ、チャリ通の私としては、本格化した梅雨はかなり憂鬱です↓↓
雨ニモ負ケズ風ニモ負ケズ、頑張りましょー♪

さて、本題です。
先日、お世話になっている企業の方に一冊の本を頂きました。
『あなたは絶対!運がいい』という浅見帆帆子(アサミ ホホコ)さんの本です。

「自分の心の持ち方一つで、
 思いどおりに人生は変えられる、
 変わっていく」
「心の底から思っている理想は、
 どんな大きなことでも実現する」
「だれでも運のいい人になれる」


以上がこの本の中で筆者が伝えたいことです。

最初、読んだときは抽象的で、本当かぁ〜、と疑問に思いました。
でも読み進めていくと、なるほど!と日常に当てはまることばかり書いてありました。
運のいい人になれる方法がたくさん紹介してあるのです。

筆者曰く、物事をうまくいかせる秘訣は「プラス思考」であり、そのプラス思考が生みだす力を「プラスのパワー」と呼ぶそうです。
この「プラス思考」と「プラスのパワー」を手にすることができたら、その人のまわりには良いことばかり起こるように、なるというのです!

以下が、「プラスのパワー」のつくり方です。
・日常生活の小さなことにイライラしたり、文句を言ったりしない。
・いつも笑顔で過ごす。
・まわりの人に寛大になる、思いやる、親切にする。
・その時、目の前にあることに全力を尽くす。
・自分の行いをよくする。
・自分の行いを振り返る。


特別なことは一つもないですよね。
自分の中の小さな意識を変える、人に優しくなろうという意識を持つ、それだけです。
それだけで、運のいい人になれるのなら、やってみた方がいいですよね。

「プラス思考」と「プラスのパワー」の仕組みがわかったら、次にすることはこれです。

とにかく、理想は現実になると信じること

常に理想を思い続けていると、その「思い」がその人のパターンになって、さらに「型」になります。絶対こうなる、という枠組みができあがるのです。そして、その「型」にプラスのパワーが加わると、形となって現実になるのです。

今回のイベントタイトル「装(相)体性理論E=mc2」と通ずるものがありますよね★
物理の難しいことはわかりませんが、イベントタイトルも“理想は現実になる”という想いが込められています。

以上のことは、個人だけじゃなく団体に当てはめても同じではないかな、と思います。
つまり、エムズシーというサークルも、スタッフが「プラス思考」「プラスのパワー」を持ち、「とにかく理想は現実になると信じる」と、運のいいサークルになる!ということです。

みんなで、実践して、もっといい環境を目指しましょー!!!

最後まで読んでくださってありがとうございました★
そして、この本にめぐり合わせてくださってナリキヨ様、ありがとうございました(^^)

↓↓皆さんの一票が本当に励みになります!

↓↓一日一回愛を下さい(笑)!




『エムズスタッフの活動ブログ』
もぜひどうぞ!!

こんにちは☆最近“きんいんドッグ”が気になる美菜です(^^)

さて、今回は、ある本で読んだ日本の精神科医、香山リカさんの話について書こうと思います。

みなさん、香山リカさんをご存知でしょうか??
彼女は、東京医科大学卒業後、精神科医や大学教授として活躍しており、
様々なメディアにも登場された経験もある方です。
まさに日本の輝いている女性の一人です(^^)!!

大学で学生を教えていらっしゃる香山さんは、
「若い人はとても傷つきやすい」
とおっしゃっいます。

全員ではないけど、就職でも凄く自己愛的イメージがあり、
例えば、ものすごい大企業しか受けない人がいる。
しかも一社だけ。
口ではダメだと言いながら心の奥底では自分は特別だと思っている。
だから、大企業の面接を受けてみて、ちょっとダメだともうへこたれてしまう。


と、本に書かれていました。

当たっていますよね。
人間はうぬぼれの強い生きものだと思います。

「あれくらい自分でもできる。」
「自分にできないはずがない。」
そう思っているから、出来なかったときや注意されたときに、
素直にその事実を受け入れられずに苦しむのではないでしょうか。

ただ、「仕事」って、“大企業で働くから良い”、“いきなり大きなところで凄い人たちと仕事ができるから良い”、というものではないのかもしれません。
小さなところからスタートでも、自分次第で可能性はどんどん広がって、
いろんな大きな仕事にも結びついていくものですよね!

現に、香山さんも執筆の仕事をするようになったのは、
学生時代に雑誌にハガキをだしたのがきっかけだったそうです。
それが編集者の目に留まり、その編集者が独立して雑誌をつくることになって、
そうやって芋づる式に仕事が広がっていったそうです。

今やれることを、自分から進んでやってみる。
そうすることで、意外な幸運に出会えたりするのかもしれません。

努力していても報われない人、努力していなくても成功する人、
世の中には理不尽なこともたくさんあるとよく耳にします。
そういうとき、「自分は恵まれていないのでは・・・」なんて思い、
不安に陥ることもあるでしょう。

しかし香山さんは、

不安はどんなに恵まれた立場になっても避けることはできないし、
人と比較をしても前には進まない。
それよりも、今やるべきだと思ったこと、
今やれることを自分から進んでやってみることが大事


と本の中でおっしゃっていました。

今やれることをやる。
そうすることで、意外な人との出会いが生まれたり、それこそ計画していては生まれなかった道、幸運が転がり込んでくるのかもしれません。

小さな仕事や小さなスタートが、大きな仕事につながっていく

これはどんな環境においてもいえることだと思います。
もちろんエムズでも。

たった2人の先輩からスタートしたエムズシーも、
今ではこんなに大きなサークルになっている―。


とても素敵なことだと思います(^^)。
人との繋がりって不思議なものですね☆

私も、今おかれている環境を存分に楽しんで、
自分にできること、やらないといけないことをしっかり自覚し、
今を精一杯頑張っていきたいと思います!!


最後まで読んでいただきましてありがとうございました☆


↓↓皆さんの一票が本当に励みになります!

↓↓一日一回愛を下さい(笑)!




『エムズスタッフの活動ブログ』
もぜひどうぞ!!

こんにちは★
地元佐賀に帰省中のしょーこです。

さて、みなさんマンガ『花より男子』ご存じですか?
映像化もされているから、知っている人も多いとおもいます。
私は、この『花男』が大好きです!
一人暮らしを始めるときも、実家から全巻持ってきました(^^)笑
どんな苦境にも負けまいと頑張るつくしにいつも勇気づけられます!!!

今回は、そんなたくましいつくしのセリフから、私の大好きなものを紹介しようと思います♪

ごめんなさいとありがとうは
魔法の言葉なの
簡単よ
仲直りするには
これを言えばいいだけなんだから
あとはその人を知るの
そうすれば嫌いになれなくなる
しかもこの魔法はタダよ


これは、取引先の人とケンカをしてうまくいかなくなった、と悩んでいるおじさんに、
つくしが声をかける場面でのセリフです。
そしておじさんはつくしに、「君はいい生き方をしているんだね、見習いたい」と言います。
たまたま、読み返していてハッとしました。

悪いことをしたらごめんなさい、
嬉しいことがあればありがとう。
友達のことを知りましょう。


幼稚園で習う至極基本的なことですが、大人になるにつれ、人間はいとも簡単にそのことを忘れてしまうのではないか。そして今の自分にできているか。
今日、テレビ・新聞で、悲惨なニュースが絶えることはありません。
その多くが、人間関係の希薄化、コミュニケーション量の減少が根本的な原因であると思います。
コンビニで商品を買っても決まり切ったことしか言わない店員、その店員と目も合わせようとしない客。
極端ですが、この構図が今の日本の縮図になっている気がしてなりません。

地元に戻って、この思いは大きくなりました。
ゴールデンウィーク中、私の地元有田では毎年恒例の『有田陶器市』が開催中です。
いつもは閑散とした有田の街も、この期間中だけは人で溢れかえります。
陶器市は有田の人にとって、一大祭りです。出店もいっぱいです☆
私も3年ぶりに陶器市見物に出かけました。
やっぱり祭りは楽しいものですね〜

090505l

残念なことに、昨今の景気悪化で、どのお店も決して売上がいいわけではないようです。
しかし、通りは活気に溢れていました。
そして、ここそこで「いらっしゃいませ」「ありがとうございます」の声が聞こえ、笑顔が見えます。
「どちらからいらっしゃたのですか」
「これ、もうっちょっとマケてくださいよ」

などの会話も聞かれます。

そんな様子を見ていると、私も自然と笑顔になりました。

挨拶をし、笑顔で会話をする。
それが当たり前になされている。


実のところ、人間はシンプルです。
優しくされると嬉しいし、ちょっとしたことで怒ることもある。
そうして、お互いに知り合っていくうちに中が深まっていく。
嫌いになる術もなくなります。
先ほど、日本がどうのこうのと述べましたが、正直難しいことはわかりません。
ただ、地元の温かい人間関係に触れて、魔法の言葉が大切だ、と改めて感じたのです。

ごめんなさいとありがとうは魔法の言葉
あとはその人を知る


見習っていい生き方をしていきましょー!!!


↓↓皆さんの一票が本当に励みになります!

↓↓一日一回愛を下さい(笑)!




『エムズスタッフの活動ブログ』
もぜひどうぞ!!

※本日は、bow先輩の一年前のブログのリメイク版です!

みなさんこんにちは!
最近は事務所にたくさんの新入生たちが遊びに来てくれていますが、
みんな初々しくて羨ましいです(笑)
自分も初心に返って気を引き締めていきたいです。

先日ある企業の方(Uさん)から貴重なお話をして頂きました。
本日はそのお話を紹介したいと思います。

その方には、中学校からお世話になっていたお好み焼屋の大将さんがいました。
お金のない学生時代、それをわかっている大将さんは、
わざとUさんに仕事を与え、終わった後にお好み焼きを食べさせてくれたそうです。
そんな大将さんとは、たくさんの思い出があるそうです。
月日がたち、Uさんが社会的にも地位が上がってきて、
お世話になった大将さんに恩返しをしようと思った矢先、
大将さんは癌で亡くなってしまいました。
大将さんが亡くなる直前、Uさんに伝えた言葉が、

「お前が俺から受けた恩は、

 俺に返すんじゃなくて
 
 自分の下の代に返していけ。

 そうすることで人はつながっていく。」


だったそうです。

僕もその言葉を聞いてとても感動して、共感しました。
役員会では、顧問の仁士さんも常に同様のことを言ってます。

僕は大学の寮で生活しているんですが、
去年の4月は先輩に毎日夕飯をおごってもらっていました(笑)。
エムズでも、先輩達からお世話になった恩は数え切れません。

そこまでお世話になった先輩方に、どうやって恩返ししていけばいいのか。。。
それはやはり、

「先輩方からもらったものを、 後輩にしっかり伝えていく」

ことだと思います!

ご飯だけでなく、先輩達の「想い」「スキル」まで、
僕たちに与えて頂いた「全て」を、
後輩たちに“伝承”できるように頑張っていきたいと思います。

1年生の皆さん、今は先輩達からいろんな話を聞いて、
いろんなことを学び、そしていろんなものを受け取っていってください☆
そしていつか、その恩を下の世代に伝えられるように成長していってください。
そして2・3年生は、これまで先輩達から受けた恩をもう一度かみしめ、
感謝の気持ちを持って毎日を過ごしていきましょう!


↓↓皆さんの一票が本当に励みになります!

↓↓一日一回愛を下さい(笑)!




『エムズスタッフの活動ブログ』
もぜひどうぞ!!

こんにちは★
3年生になりましたしょーこです。
暖かくなってきましたね〜 外に出るのが楽しみな季節です!!!

さて、新年度ということで、過去の自分を振り返り、
1年の目標を決める人も多いと思います。
今回はそんな方の参考になればと思い、
ある人の言葉を紹介したいと思います♪

そのある人とは、私の出身佐賀の偉人“鍋島直茂”です。
直茂は戦国・安土桃山時代の肥前(現佐賀県)の武将です。
時の権力者、豊臣秀吉からも信頼を得ていた実力者だったそうですよ。

そんな彼が人間を「上中下」の三種類に分けて評価したそうです。

『上は、他人の分別を学び、自分の分別とする
 中は、他人に意見されたとき、それを自分の判断に変える
 下は、他人から注意されても、聞き流す』


この言葉をさらに整理し、

『上は、他人の言葉を一度自分の腹に飲み込み、吐き出す
 中は、学んだことを飲み込むが、腹まで落とさない
 下は、何を聞いても耳にすら入れない
 こういう違いがある』


と残しています。

みなさん、自分は「上中下」のどこに含まれると思いますか? 
古い言葉なので少し難しいですが、ちょっと日頃の自分を思い返して、あてはめてみてください。

私はこの言葉を自分なりに解釈してみました。

わかりやすくするために、
“仕事で自分がミスをしてしまい、上司に注意された”
というシチュエーションでのこととします。

「上」の、
“他人の言葉を腹に飲み込む”は“上司の言葉を聞き反省する”、
“吐き出す”は“その注意を次からの仕事に生かす、また他人にも伝える”

「中」の、
“学んだことを飲み込む”は“上司の言葉を聞く”
“腹まで落とさない”は“その注意を振り返らず反省しない”

「下」は、文字通りですね。

まとめます。

『上は、上司の言葉を聞き反省し、次からの仕事に生かし、また人に伝えられる人
 中は、上司の言葉を聞きはするが、反省しない人
 下は、何も聞き入れない人』


以上は、私なりの解釈なので、反論がある方もいるかもしれません(-_-;
しかし、「上中下」のどれを目指すべきか、は一致すると思います。

もちろん「上」ですよね。
「下」は、論外ですが、
「中」になっている人は多いのではないでしょうか。
私も自分の行動を振り返ってみて、「中」になっていることが多い気がしました。
注意を聞いて反省しているつもりでも、
その後改善されていなければ、反省していることにはならないのです。

また、以前もリーダーズブログで紹介しましたが、
私の好きな言葉に、こんなものがあります。

『人の話を聞かないってことは
 自分のチャンスを逃しているということ』


せっかく、与えられる他人の言葉という形のチャンス。
腹まで落として、自分のものにしないと損ですよね。

最後まで読んで頂きまして誠にありがとうございました。

鍋島直茂
(↑鍋島直茂さん)

↓↓皆さんの一票が本当に励みになります!

↓↓一日一回愛を下さい(笑)!




『エムズスタッフの活動ブログ』
もぜひどうぞ!!

こんにちは☆今月から3年生になる“みな”です(^∪^)。
今年も桜満開の春ですねぇ♪新入生・新社会人の方々はご入学、ご入社おめでとうございます!!


さて、では本題へ☆

私は先日のリーダーズブログにあげられていた「イチロー選手の話」を読んだ後に、ふと思ったことがあります。
今回はそのことについて話したいと思います。

この4月から新大学生・新社会人になる人はたくさんいます。
そして、それぞれの人がそれぞれにいろんな「目標」をもっていることと思います。
しかし、いったいそのうちの何人が、5年後、10年後、自分の目標とするところに近づいているのでしょうか。

例えば、Aという会社に新入社員が10名入ったとします。
さて、この10人のうち5年後・10年後・30年後に上級管理職になっている人はいったい何人いるのでしょうか...。
入社した時点では、まだこの10人の能力に大きな差はないはずです。
しかしその後の努力によって、それぞれの今後は大きく変わっていくはずです。

始めから“仕事ができる人”なんてめったにいませんよね。
だからこそ皆、最初は先輩や上司が教えてくれたり指示を出してくれたりするのですが、その教わったことを100%やるか、90%やるかで差がついてくるように思います。

言われたことを100%を目指してきちんとやるのと、「このくらいでいいや」と90%で終えるのでは、その日一日ではたいした差はみられないかもしれません。
しかし、..3ヶ月後・6ヶ月後・一年後と時が経つにつれ、その努力の積み重ねが「その人の能力」といった形ではっきり表れてきます。
もちろん、90%やってきた人が100%やってきた人より上になるはずがないですよね。


「きっと“できる人”っていうのは、
 才能に恵まれた人でも、運のいい人でもなく、
 “必ずできるようになりたい”と真摯に願い、
 その努力を重ねることができる人こそが、
 “できる人”なんだと思います。」


これは、以前顧問の仁士さんがおっしゃっていた言葉ですが、まさしくその通りのように思います。

想像してみてください。
あなたの周りの「できる人」は、実は“努力家”で、そして“素直”ではないでしょうか?

少なくとも私の知っている「できる人」達は、苦手なことは繰り返し練習し、たとえそれが他の人より得意になったとしてもそこで満足せず、さらに練習を重ねている「努力家」です。
そして先輩や上司の言葉をよく聞き、それを「素直」に実行しています。

そう、できないなら、できるようになるまでとことんやればいいのです!!
今できないことは恥ずかしいことではありません。

ただ、努力もせずに「できない」と言うのはもの凄く恥ずかしいことなのかもしれません。

努力、努力と言うと、なにか重たく感じるかもしれませんが、できる人達にとっては
「努力=(できる人になるためへの)当たり前」
なのかもしれません。

「大切な人」や「大切なもの」を守っていける“将来の自分”をイメージし、
そのためにただ“当たり前”のことを重ねていく・・・。


「できる人」への道は、それだけなのかもしれません。



自分の未来をつくるのは自分次第

よく聞く言葉ですが、本当に未来は“自分次第”でどうにでも変えられると思います!!
せっかくの人生、「できる人」を目指し、しっかりと成長していきたいですね(^∪^)


大切なものを“守れる自分”になるために・・・。



では最後に私の好きなことばを...


「人間が人間として生きていくのに一番大切なのは

 頭の良し悪しではなく、心の良し悪しだ。」



さあ、4月です。

皆が同じスタートラインに立つ今、お互い自分に負けず、意味のある一年にしていきましょう♪(^皿^)

最後まで読んでいただきまして、本当にありがとうございました!!


↓↓皆さんの一票が本当に励みになります!

↓↓一日一回愛を下さい(笑)!




『エムズスタッフの活動ブログ』
もぜひどうぞ!!

みなさんお元気ですか?
最近は雪が降ったりして寒いですけど、
この時期はインフルエンザが流行りだすので
気をつけましょうね(^O^)/

さて、今回は今自分が思うことについて書きたいと思います。
去年の冬に3年生の先輩方が引退されて、自分も4月からは2年生となり、先輩という立場になります。
エムズシーには13年という歴史があり、多くの先輩方がいらっしゃいますが、そんな先輩方が活躍された時代の様子を写真や映像で見ていると、「ホンマに楽しそうやなぁ」と見入ってしまいます(*^_^*)

それを見ながら、そこには何か共通点があるような気がしました。
それは、どの時代にも「リーダー」と呼ばれる人がいたということです。
みんなが楽しみながら成長できる環境を第一に考え、自分達が決めた目標に対して具体的な計画を立て、本気で取り組んでいく。
その過程で困難にぶつかったら意見を出し合って、また行動する。
そして、その後どうなったのかを、しつこいくらい確認し合う。
自分の知っている先輩のリーダー達はこのようなことを「本気」でやっていたと思います。

「本気」になることに関して、自分にも経験があります。
自分は大学受験に失敗して、1年間浪人生活をしました。
受験に失敗した時は、おそらく人生で1番悔しい思いをしました。
だから、来年は絶対に第1志望に受かる!と「本気」で思い、浪人の1年間は勉強に集中すると覚悟を決めて、合格するためにしなければならないことを真剣に考えて、具体的に1年間のスケジュールを立てて、勉強してきました。
その過程で、思うように成績が伸びない時も先生に相談して、アドバイスを頂いてまた勉強しました。
その結果、第1志望には届かなかったけど、自分の中では「やりきった」という満足感があり、終わった後にも後悔はありませんでした。

自分は今、リーダーとしてチームを持たせてもらっています。
リーダーとしての条件はいろいろあるとは思いますが、最近自分が読んだ江口克彦さんの著書「成功は小さい努力の積み重ね」の中で、松下幸之助さんの印象的な言葉があったので紹介します。

「心を許して遊ぶようでは経営者とはいえない。
 経営者たる者は、人より先に憂い、人より後に楽しむ、
 いわゆる先憂後楽の志を持たなければいけない。」


つまり、上の立場の者は、常に自分に付いてきてくれている人の存在を意識し、その人たちの成長を第一に考えて最高の環境を提供しなければいけないということです。

これからリーダーとしてエムズの活動をするにあたって、自分はエムズの「現役生」であることを自覚し、創っていくという気持ちを忘れず、与えられたこと、自分たちが決めたことに対して「本気」で向き合っていこうと思いました。

少しでも先輩方に近づけるようにがんばりたいと思います!


最後まで読んで頂いてありがとうございました。

↓↓皆さんの一票が本当に励みになります!

↓↓一日一回愛を下さい(笑)!




『エムズスタッフの活動ブログ』
もぜひどうぞ!!

こんにちは!! 長かったテストがやっと終わりホッとしているひかるです(笑
しかし!!まだレポートが残っているので、最後まで油断はできません(>_<)
まだ、テスト真っ只中の人や今からテストがある人頑張って下さい!!

さて、本題に移りたいと思います。

今回中村慎一さんの「癒しのことば」という本の中から気になった言葉について書こうと思います。

「もし私たちが、物事を『問題』としてでなく、
 何かを学ぶ『機会』としてとらえることができたら、
 その教訓を得ると同時に、
 喜びと満足感をも得ることができるはずです。
 ある教訓や課題が目の前に現れるということは、
 私たちにその教えを学ぶ心の準備ができた
 ということにほかなりません」  
        ジェラルド・G・ジャンポルスキー


さらに、中村さんは、こう補足していました。

なぜ私たちは、あえて様々な苦しみを生みだすこの肉体を持っているのでしょうか?
肉体がなければ私たちが人生で直面する問題はほぼ解決してしまいます。
それはたぶん私たちが、“問題に遭遇して、問題を味わうため”でしょう。
そして、問題というのは、今の自分にとって「一番ふさわしい形」を取って現れるようです。
その時、その時の自分の成長に応じて、最も必要な問題が出てくるようです



この言葉にあるように、問題に遭遇したとしても「捉え方」を変えて、自分の成長のために起こっていることで、「チャンスなんだ!!」「自分は乗り越えることが出来る!!」などのポジティブな考えを持てるようなりたいと思いました。

みなさんも自分にとって困難な問題に直面したとしてもくじけるのではなく、その問題から何が学べるか、これを乗り越えたらどう成長できるのかなどを考えていきましょう!!
先日の美菜のブログと内容がほぼかぶってしまいすみません(笑)。
最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

↓↓皆さんの一票が本当に励みになります!

↓↓一日一回愛を下さい(笑)!




『エムズスタッフの活動ブログ』
もぜひどうぞ!!

こんにちは☆美菜です(^∪^)
テストが始まりましたねぇ!!みなさん体調管理に気をつけて共に頑張りましょぉ☆
勉強も楽しんですれば辛くないはず(゜∨゜)笑

ではでは本題にうつりたいと思います。
みなさんは「今、この状態から抜けだしたい!」「どうしたらいいのか分からない」といったような何か困難な壁ぶつかったことはありますか?
まぁ、生きていれば誰でも壁にぶちあたることくらい2、3回はあると言いますが(^^)

今回は、私たちがそんな困難に出くわしたときにそこから抜け出すきっかけを教えてくれる文をある一冊の本から紹介したいと思います。

通常私たちは困ったことが起きたとき、その問題解決に悩み頭をかかえこみますが、福島正伸さんの著書『メンタリング・マネジメント』では、困ったことが起きたときに、自分にすべき魔法の質問がかかれてあります。それは

「この出来事は、何のチャンスだろう」

「この出来事は、自分に何を教えようとしているのだろう」

「この出来事から、さらに自分が成長することはできないだろうか」


といった三つの質問です。
困ったと思い続ける限り、困ったことがやってくる。
しかし、このように自分に質問をした瞬間に意識が3秒で切り替わるわけです。
「困った波動」から瞬時に抜け出せるのです。
まさに魔法の質問!(^^)問いが変われば答えも変わるのです。


また、その昔、低迷していたアサヒビールを、日本一へと導いた樋口廣太郎氏の言葉で、
「うまいビールを作るのは難しい。しかし、まずいビールをなくすのは簡単だ」
といった言葉があります。
樋口氏は、「どうやったらうまいビールを作れるか?」と問うてもすぐに答えは出ない。
ならば、「どうやったらまずいビールをなくせるか?」と問うたら、ビールを新鮮なままに保つための課題がいくつも見えてきた、というのです。

質問を変えるだけで、問題が解決するなんて、凄いと思いませんか?
そして、私はこのことは自分の「成長」においても言えることだと思います。

例えば、自分が任せられた仕事を失敗して先輩や会社の上司からひどく怒られたとします。
怒られるのですから、誰でも最初は凄く嫌な気持ちになったり、自己嫌悪に陥ることがあると思います。
私自身も、怒られたらやはりショックで一時は自己嫌悪に陥ります(゜゜;) 笑
でも、そんなとき、ただ「あ〜ぁ怒られた。」と思っているよりも、「あの人は何で怒ったのだろう?」「怒られたところを直せば、怒られたことさえ自分の財産になるのではないか?」と、自分の中で問い直し、自分が怒られた意味、自分が怒られたことで自分自身は何を得られるのか、を自分自身に問うことで、その答えを知ろうと人は動き始めます。

つまり、“問いをもつこと”で人はそれまで自分を苦しめていたものからさえ、成長の要素を得ることができるのです!(^∪^)

人生を変える方法は“問いをもつ”こと。

そして行き詰まったら“問いを変える”ことです。


「自分がなぜこの世に生まれてきたのか?」
その意味を知るために生きてみるのも悪くないなと思いました。
皆さんも、何か困難にでくわしたときは是非この方法を使ってみてください♪
最後までお付き合いありがとうございました!

↓↓皆さんの一票が本当に励みになります!

↓↓一日一回愛を下さい(笑)!




『エムズスタッフの活動ブログ』
もぜひどうぞ!!


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 『心が凹んだ時に読む本』   by久米咲希花
    かおり
  • 『心が凹んだ時に読む本』   by久米咲希花
    かなえ
  • 『心が凹んだ時に読む本』   by久米咲希花
    はなえ
  • 『心が凹んだ時に読む本』   by久米咲希花
    もも
  • 『見通す力』    by中垣佳織
    はなえ
  • 『見通す力』    by中垣佳織
    さきか
  • 『超訳 吉田松陰』   by芦塚花恵
    かなえ
  • 『超訳 吉田松陰』   by芦塚花恵
    かおり
  • 『超訳 吉田松陰』   by芦塚花恵
    もも
  • 『超訳 吉田松陰』   by芦塚花恵
    さきか

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM