親愛なる後輩達へ・・・。
福岡のインカレサークル「エムズシー」のリーダーを中心に、
先輩達が後輩達に向けて贈るメッセージをブログにしてみました☆
ちょっぴり「くさい台詞」や「背伸びしている」ところもあるかもしれませんが
等身大の僕達の、前向きに進んでいこうとする精一杯の気持ちをよかったら感じて見てください!!
現在(いま)を頑張っている全てのみなさんにとって、
少しでも元気や勇気をあたえられるブログになると嬉しいです!
『俺たち』 by小野佑介(3年生)
ちょうど去年自分がつづった「リーダーズブログ」に似た文章ですが…
まーちょっと聞いてくださいよ(笑)またこりずに…

「あーマジ野球してー!!」

俺の毎日の口癖だ。
事務所でも家でも学校でも、バットを持たずに素振りをするクセがある。
自分でも、心底野球が好きなんだなぁーって、そうしたときによく思う。

小・中・高と、ずっと二塁手というポジションをやってきた。思えば、試合に出てるときは二塁手からの風景しかほとんど見たことがない。

「2番・セカンド」…俺にとっての野球の全てだ。
主な仕事としては…
「他のメンバーを活(生)かすこと。」

1、自分は死んでもいいから絶対に他の走者を生かすこと。俺にとっての勝負であり生き様だ。
2、常に内野を鼓舞して、戦えるディフェンス(守備)の雰囲気をつくること。自分が一番声を出して、みんなを活かすことが、熱いハートをもって戦う奴の使命だ。

「楽しい空間」っていうのは自分で作るものだ。

だから、「楽しい空間」を作りきれるやつにならないかん。

そうすれば、壁にぶち当たっても…

絶対に乗り越えられる。

だから毎日、何があっても自分のなかで戦って声出そうや!

そしたら…、きっと横には仲間がいるから☆


↓↓皆さんの一票が励みになります!

↓↓一日一回愛を下さい(笑)!
Posted by : leadersblog | 09期生 | 21:05 | comments(9) | trackbacks(0)
相手になって考える  by 高田啓吾(4年生)
エー皆さんこんにちは、鼻さんこと高田啓吾です。
フリーペーパー入稿前でクソ忙しいこの時期に、僕は一人帰省して函館にいます。ごめんなさい。ということで、今回のブログは北の国からお届けします。わーぱちぱち。

さて、本題にいきなり入ります。
「人を思いやる」とは、どういうことなのでしょうか?
僕自身、実際よく分かっていません(笑)が、でも「仲間や人のためになることをしたい」と思う気持ちはあります。みんなも当然あると思います。
しかし、そうやって行動をとったとしても、それは時として、あまり人の為でなかったりします。
では、仲間や相手を思いやってその役に立つような行動を取るには、どうすればいいか。
それは、「相手の立場になってみる」ことだと思います。
こう書くと「そんなん当然やん!」とか思う人も沢山いるかと思います。でも、みんな考える考えるとは言ってても、実際余り考えてないのだと思います。
具体的には。
僕がここで言いたいのは、可能な限り具体的に、その人の行動を振り返ってみる、ということです。
ていうかむしろ、相手になったつもりで考えてみることです。頭のなかで、その人の役を演じるのです。
大事なのは、可能な限り具体的に、ということです。
そして、イメージが出来てきたら、相手の立場に立った自分が、周りにどういう行動をとってもらったら嬉しいか、考えてみるのです。
ここでしっかりと頭の中で相手自身を演じることが出来れば、相手がしてもらいたいことが、自分が取るべき行動が、おのずと見えてくると思います。
あとはその行動をとるだけです。

しかし、ここでつっかかるのが、自分自身のエゴや都合などです。時にその行動は、自分にとって面倒くさかったり、「無理だ」と思うようなことだったりします。
だけど、そこを打破(NOW BREAK)しない限りは、とてもじゃないけど相手のために動いているとは言えません。
自分を乗り越えて、相手のために頑張れる人ほど、強くて優しいと思います。
みんながそういう行動を取れるようになれれば、その時はとてもいい仲間になれると思います。

↓↓皆さんの一票が励みになります!

↓↓一日一回愛を下さい(笑)!
Posted by : leadersblog | 09期生 | 08:16 | comments(2) | trackbacks(0)
いよいよ     by ゆうすけ(4年生)
おつかれさまです。小野佑介です。
いよいよイベントだねー。みなさんはどうお過ごしでしょうか??

何かの本番前って緊張したり、いろいろ想うことがありますよね。
自分は野球をしていたので試合前は気合入りまくりでした。
まー空回りすることが多々ありましたが…。

野球の話になりますが、そういえば過去に自分は、試合1週間前にチームメイトが事故で亡くなったという経験があります。
レギュラーのやつでした。

今、この現場に立っているっていうのは何か意味があってここにいるんだと思います。

周りを見渡すといつものメンバーが…って思いますが…

いろんなことを切り抜けて…

今日も出会ってるんだな、って…。

そんないつもの出会いに感謝。

イベント成功させるぞ!!

勝つぞ!!!!!

↓↓皆さんの一票が励みになります!

↓↓一日一回愛を下さい(笑)!


  
Posted by : leadersblog | 09期生 | 23:11 | comments(4) | trackbacks(0)
はじめの一歩     byゆうすけ
おつかれさまです。小野佑介です。春休みももうすぐ終わりですねー…。
新学期を迎えるにあたって、みなさんはどうお過ごしでしょうか??
最近、みなさんは何かに夢中になっていますか??
いろんなジャンルにおいて夢中になっている最中だと思います。
でも、「みんな」で夢中になっていますか??
団体競技はみんなの想いが一つにならないと夢中になっているとは言えません。人は「個人の空間」と「団体の空間」を両立していく生き物だと思います。
「個人の空間」は自分だけにしか影響は出ませんが、「団体の空間」は全てに影響が出ます。
どうすればいいか?
「守りたい」
「相手を知ろうとする力」
これに尽きるぞ。そしてうまくやっていくためには、どんなやつでも
「相手を受け入れよう!」ということがはじめの一歩だと思う。
それが自分を支える力になるぞ。
少なくとも俺はそうだ。
そこから…
「100%全力で自分の想いを伝えるためには、100%全力で相手を知る、受け入れることからだ」
と認識している。
その結果、自分の考え方が広がったり、相手からの優しさに気づけたり、腹わってしゃべれるようになった。

何かに迷ったときは無理やりにでも受け入れてみよう。
それがはじめの一歩であり、考え方が広がるよ。



いつも投票ありがとうございます→

Posted by : leadersblog | 09期生 | 00:00 | comments(5) | trackbacks(0)
計画性     by keigo
エー皆さんこんにちは、鼻さんこと高田啓吾です。
フリーペーパー製作が終わりました。鬼でした。怒涛でした。死ぬかと思いました。
まぁでも完成が楽しみです。フリーペーパーを見て、新入生が一人でもエムズに興味を持ってくれれば嬉しく思います。
それでは本題にいきます。「計画性」。

例えば、あなたが何か達成したい「目標」があったとします。それは、「車を買いたい」「10キロ痩せたい」などなど、小さくてもいいと思います。
でも当然ですが、ただ単にボーっと達成されることを願っているだけでは、絶対に無理です。
大事なのは、「具体的な計画」です。

例えば、僕が「30万の中古車を買う!」という「目標」を持ったとします。
これを達成するためには、まずは,修量槁犬亡限を設ける必要があります。これが多分一番重要なのに、あまり重要視されていないと思います。なぜなら、期限を切らないと、人ってあまり動かないものなんです。ずっと欲しいと思っているだけで終わってしまいます。僕の場合、夏休みにいろいろ車で遊びに行きたいので、この場合「7月まで」とします。そしたら、それまでに30万円貯めなければならなくなります。
そこで次に、△気蕕剖饌療な細かい目標を立て、それに更に期限を設けます。この場合は、4月までに7万、5月までに15万、6月までに22万、7月までに30万、といった感じでしょうか。要するに1月当たり7.5万くらいですね。これらを達成できれば、7月までに30万貯めることが出来ます。
そうすると自然に、一月に7.5万貯める6饌療な計画を立てなければなりません。「バイトをする」、「食費を減らす」、「奨学金を増やす」などなど・・・。僕は今何もバイトをしていないし、外食が多かったりするんで、この場合はバイトと自炊を平行していきます。
これも更に細かい目標に掘り下げます。「バイトで6万稼いで、自炊で食費を1.5万減らして・・・」みたいな感じですかね。バイトについて言えば、6万稼ぐには、「時給800円×5時間×15日」など、さらに細かくする必要があります。そしたら、時給800円以上のバイトを探さなければなりません。
バイトが決まったら、後はぁ崗さな目標」を、コツコツと確実に達成していくだけです。贅沢を言うなら、「今月バイトが12日しか入れなった」とか、不足の事態のために、その対策を考えておくと、なおGOODです。

こうやって書くと、結構当たり前で簡単に思えますが、実際にこういった計画を立てている人は少ないと思います。
よく、「〜してぇなぁ」とか「〜が欲しいなぁ」とかいう人がいますが、そういう人に限ってあまり動いていなかったりすると思います。
目標に向かっていろいろ動く前に、まずはこういった計画を立てるクセをつけておくと、将来いろいろと役にたつのではないでしょうか?



いつも投票ありがとうございます→

Posted by : leadersblog | 09期生 | 00:00 | comments(4) | trackbacks(2)
「人財」と「人罪」    ono
「人財」と「人罪」…
 就活中にグローバルコミュニティの人の話を聞いたときの印象的だった言葉です。「人財育成」を掲げて…
二種類の「ジンザイ」…。
例えば、プロ野球の「一軍」「二軍」を想像してみよう。
活躍する選手は「人気上昇」「年棒増額」…。
これは個人的についてくるものですが、何より「チームの優勝への貢献」につながり、チームにとて必要な人物⇒チームの「財(たから)」なんです。逆に能力がないやつ、どんな理由であれ試合や練習にすらでれないやつはチームにとって「罪(つみ)」なやつなんです。「一軍」「二軍」があること自体、どんな団体でも「人財」になるやつと「人罪」になるやつとで別れるのは考えたらわかるはずです。
「人罪」なってしまうとそこの空間にいるだけでも気まずいし、はい上がることは容易ではありません。だから何事も未来の自分や仲間を想像し、準備をして、理想を創造出来るように…
「人財」になろう。

いつも投票ありがとうございます→


Posted by : leadersblog | 09期生 | 00:00 | comments(6) | trackbacks(24)
「努力」と「習慣」     by takada
 エー皆さんこんにちは、鼻さんこと高田啓吾です。
久々のリーダーズブログです。何を書きましょう?ネタに困っとります。とりあえず、最近思っていることを書きます。

何かを成し遂げたり、凄ぇなぁ、かっけぇなぁと思う奴。そいつらと自分との違いは、一体何なんでしょう。

違いを挙げれば、多分腐るほどあると思います。だけど、自分が思うに一番の違いは、「努力をしているか、していないか」っていうことだと思います。
でも、自分の周りにいる「スゲェやつら」は、一般にあんまり頑張っていたり、努力をしているようには見えなかったりしませんか?確かに、あからさまに頑張っている「スゲェやつ」もいますが、僕が知ってる「スゲェやつ」は、なんか「私は今、頑張っていますオーラ(笑)」的なものを、あまり放ちません。

スゲェやつほど、努力している。だけど、あまりそうは見えない。何ででしょう?

それは、おそらく「努力」を「努力」としてみていないからだと思います。
スゲェやつからすれば、努力ではなくて、その行動が「当たり前」なのです。

かの有名な野球選手「イチロー」は、小学生のころ、一年のうち360日は野球の練習をしていた、という話は、多くの人が知っているとは思います。僕は、イチローは「努力」していたのではなく、ほぼ毎日練習するのが「当たり前」だったんだと思います。

大変なことをするのは、確かに努力が必要です。だけど人間には「慣れ」というものがあります。最初は「努力」だったことが、2週間(人によって期間は違うと思いますが)もすれば「習慣」、つまり「当たり前」になるのです。

大体の人は、この期間内にその努力をやめてしまいます。「今日ぐらいいいだろう」という、ちょっとした気の緩みが、「努力→習慣」の流れを断ち切ってしまうのです。

僕は、スゲェやつと一般人との差は、その「小さな妥協」にあると思います。

スゲェやつは、努力をどんどん習慣に変えていきます。一年前は頑張って行っていたことを、一年後には生活の一部にしてて、それ以上に大変なことを「努力」いるんだと思います。要するに、絶えず成長し続けているんです。
一般人は、どこかで妥協してしまって、いつまでたっても努力が努力のままです。これでは、当然、個人の成長も見込めないし、気持ちも常に辛いままだと思います。
最初は小さな、本当に小さな違いかもしれませんが、時間が経つにつれ、その違いはあからさまなものになっていきます。

「千里の道も一歩から」

どんなに小さなことでも構わないと思います。まずはちょっと慣れないことを当たり前にして、少しずつですが成長していきたいと思います。

いつも投票ありがとうございます→


Posted by : leadersblog | 09期生 | 00:00 | comments(3) | trackbacks(0)
NARUTOの名言〜鼻版〜 byケイゴ(4年生)
エー皆さんこんにちは、鼻さんこと高田啓吾です。
今回は引退したジジイが、いい言葉(笑)を書き綴ります。
今の若いもんたちに克を入れちゃりたいと思いますので、よかったら聞いてみてください。

さて本題です。今回は、元サブリーダーの方の十八番をパクらせていただきます。
題して、「NARUTOの名言」。わー、ぱちぱち。

人は…大切な何かを守りたいと思った時に、本当に強くなれるものなんです。

「NARUTO」作中の、「白(ハク)」という少年の言葉です。彼は、「血系限界」という能力のせいで、人から忌み嫌われていました。そして、両親や友人など、大切な人などは全くいませんでした。そして彼は、「自分自身が、この世にまるで必要とされない存在」だと思ってしまい、それがこの世で一番つらいことだと知りました。そんな白でしたが、大切な人が出来ました。再不斬という恐ろしい忍です。血系限界は、恐ろしい能力ですが、戦においてはとても役に立ちます。再不斬は、白のその能力を欲し、必要としました。白は、再不斬が自分の能力のみを欲していることを、最初から知っていました。それでも、白にとって再不斬は、とても大切な人になりました。白にとって、自分を必要とし、認めてくれる人は、再不斬しかいなかったからです。それ以来、白はとても強い忍となりました。

まぁ簡単に言うと、こんな感じです(多分…語弊があったらすいません)。詳しくは「NARUTO」を読んでみてください。

しかしある日、僕は「NARUTO」のこの部分を読み返していて、ふと思いました。
今日、今を生きている現実世界の人(少なくてもこのブログを読んでくれている人)にとっては、「自分が全く必要とされない存在」となることは、早々起こりえることではないと思います。
今、自分が生きている。それだけで、きっと多くの人から支えられ、必要とされ、認められているはずです。
だったら、今の現実世界で「強くなる」ということは、一体どんなことなのでしょうか?
次第に、そんなことについて、いろいろ深く考えるようになりました。
そのうちに、僕はひとつの結論に達しました。

自分の周りの人たちの大切さに気づき、それを本気で大切に出来る人ほど、強くなれる。

友達、恋人、家族など、どんな人でも、周りには、きっと多くの「大切な人」がいるはずです。
その人たちの大切さに気付き、その人のために強くなりたい、その人を守りたいと思う中で、人は強くなっていくのではないのでしょうか。
だから僕は、多くの人たちを大切に出来るやつほど、強いやつなのではないかと思います。

実際、僕の周りにも大切な人がたくさんいます。エムズの仲間たちや、家族、恋人など…。
時々弱ることもあるけれど、みんなやっぱり大切だから、死ぬ気で大切にしていきたいと思います。
その中で、自分自身が成長していければ、これほど嬉しいことはありません。

これを読んでくれた人も、よかったら、自分自身に問いかけてみてください。

君には、大切な人はいますか?


↓↓皆さんの一票が励みになります!

↓↓一日一回愛を下さい(笑)!


Posted by : leadersblog | 09期生 | 05:47 | comments(5) | trackbacks(0)
人間関係 by けいご
エー皆さんこんにちは、鼻さんこと高田啓吾です。
気がつくともうイベントが終って一ヶ月とちょっと経ちました。
本当に時間の流れは早いものです。

自分がこの今日の言葉を書くは今年最初ということで、気合を入れて書いていきたいと思います。

お題、「人間関係」。わー、ぱちぱち。

エムズに入って学んだことの1つなんですが、人の人との繋がりを作るのは、人です。
たとえば、知り合って間もないA君とB君が、いたとして、A君があなたに言ってきたとします。
「Bの奴、何かありえんくない?オレちょっと苦手やわー。」
このとき、あなたはどう対応しますか?

 屬宗爾茲諭マジ死ねって感じよねー!!ホントムカつくわぁ。」
◆屬鵝次△修辰ぁ・・・。よう分からん・・・。」
「あいつはそういう所もあるけど、何だかんだで結構いいとこあるよ?ていうか、お前のこといい奴だって言ってたし」

,鯀んだ場合、当然ですがA君とB君は余計仲が悪くなります。
多分、大半の人が△剖瓩と娠をすると思います。一番無難ですからね。
を選んだら、もしかしたらA君とB君は良い友達になれるかもしれません。

こうやって聞かれると、みんな普通にを選ぶと思います。
しかし、実際の生活でこういった場面に出くわした場合、を選ぶことの出来る人は少ないんじゃないかと思います。
まぁ,鯀ぶ人も少ないと思いますが。

この例でも普通に分かると思うけど、このとき、A君とB君の今後の人間関係は、あなたの一言で大きく左右されるのです!

よく、「幸せな人は、他人を幸せに出来る人」という話を聞きますが、これはつまり、
「人と人との『良い関係』を沢山造っている人は、幸せになれる」ということじゃないかなぁと思います。
だって、常にを選べる人は、きっと周りの人もその人に対して、を選んでいるでしょうからね。
自分の周りの人がみんな自分をそい言ってくれるなんて、とても素晴らしいことだと思いませんか?

友達の相談を聞いてるとき、愚痴られたとき、好きな人の話を聞いたとき・・・。
人と人との関係を作る機会は沢山あります。
沢山の人が、みんなを選べるような関係だったら、みんなが仲良くなれるんじゃないかなぁって思います。


いつも投票ありがとうございます→
Posted by : leadersblog | 09期生 | 21:23 | comments(0) | trackbacks(6)
就活          ono
お疲れ様です!! みんな元気ですかー?? 
俺は今、営業と企業合同説明会、就職活動に汗を流していて、スーツが学校の制服化してます…。(毎日ほとんど着てる…。)
 就活中に俺はいろんな企業の人の話を聞きました。その中で「二極化」「格差社会」の話が印象に残っています。
 企業の方は日々「人財育成」に励んでいます。

Q、二極化とは…??
結論をいうと、「人財」と「人罪」に別れることです。
会社だけでなく、どんな団体でもこの現象があります。要するに所属団体で何らかの形で貢献できるやつと、そいつにひがんでモチベーションが下がり、あまり貢献できないやつとに必ず別れます。
生き残るには「人財」という「財(たから)」にならなければなりません。例を挙げていいたいところだが、スペースがないので2月21日へ続く…


いつも投票ありがとうございます→


Posted by : leadersblog | 09期生 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0)
TOP